スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
RESERVA予約システムから予約する

◆スマフォアプリ暁玲華◆
d0082655_05364599.gif

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(361)
(221)
(185)
(150)
(38)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新の記事

「and GIRL」1月号「..
at 2018-12-14 00:59
今年も鹿島神宮がトップに
at 2018-12-13 23:30
オンライン配信講座申し込みス..
at 2018-12-03 16:13
2019年のパワースポット
at 2018-12-03 02:48
過去記事からのメッセージ⑤白..
at 2018-11-28 20:41

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

記事ランキング

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

想念の環境問題

最近は海が割れるビジョンを見たり、水の濁りを感じたりしていたものなので、改めて水に着目をしていました。

神道には祓戸の祝詞があって、どんな罪も穢れも、祓え戸の四神が海の底までもっていってしまって、なくなってしまうとういうような祝詞です。それによって、祓われ清められると。

その後、どこにいってしまうのだろう、、とは思いつつも、大きな海原には小さなものでしかない穢れは消えてなくなるのだろう、というイメージです。

しかし、最近はゴミを海に垂れ流すことによる公害や、環境破壊で、いくらなんでも川や海の自浄能力に頼るのはやめないといけないのではないか、ということが常識になってきましたが、罪や穢れも同じようなことがあるのではないかと思います。

祓い詞は、大祓い祝詞を省略したものです。中臣の鎌足がつくったとされる大祓い詞を、江戸後期に平田篤胤が短くつくりなおしたものです。祓うところだけをとりだしています。

この、祓いには瀬織津姫等四神の力でされますが、この女神たちは東北に祀られていることがあります。この女神たちが受け取った罪穢れは本当になくなっているのでしょうか。もし、ゴミのように飽和していたら、どうするのだろうとは思っていました。

宇宙の闇に瞬間移動させているのかな、と楽観していましたが、産業廃棄物のようなゴミは飛ばせないかもしれません。燃やすことも流すこともできないとなると、封じ込めるのでしょうが。

いいたいことは、膿とはなんですか、と聞かれたので、説明が長くなっても怖くなってもいけないな、とは思いつつ、歴史上の産業廃棄物級の想念は現代で処理していかなければいけないかもしれない時代なので、そういう見えないゴミは膿なのかな、と思い。

瀬織津姫が処理してきたものから、処理できずに封印してきたものまで、すべて、ツケはまわってくる、と言う感じでしょうか。

龍は自然神の力で、自然の力で処理できなくなったものを宇宙に飛ばすべく、地上に一旦放出させます。封印されたものも、外に出ることもあるでしょう。

環境をまもるのはゴミをださないことなら、想念環境を守るのは悪い想念をださないこと。そうはいっても、個人の力ではどうなの?というのは、同じようなレベルです。

ゴミのあるパワースポットは、人の悪い想念が入り込んだ聖地と同じです。人が入らないところのほうが、清いにきまっているのです。だから、人は聖地を拝殿から拝みます。

さて、スピリチュアルも環境問題のように、奥が深いので、いいと思うことが本当に良いとも限らないので、自分のこと意外で関わるときは、勉強が必要だと思います。

スピリチュアルは宗教のようにいわれますが、私には環境問題のようにも思えます。

女神本で女性について説明していますが、これからは、とうとう男性の歴史上の想念が、蔓延してくるようです。

男性のキーワードは敵対。体制と革新。

和の心がもっともこれらを緩和する概念です。
by akatsukireika | 2008-08-03 01:44 | スピリチュアル