人気ブログランキング | 話題のタグを見る


スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

Amebaブログ

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
_d0082655_23082885.jpg






<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章) [PR]


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章) [PR]


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ]) [PR]


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法 [PR]


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書) [PR]


幸せを呼び込むパワースポット [PR]


パワースポットガイド東京 [PR]


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき [PR]


あなたの願いが叶うパワースポット [PR]


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books) [PR]


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ! [PR]

タグ

(363)
(236)
(195)
(153)
(41)
(29)
(26)
(24)
(21)
(20)

最新の記事

九花宮数
at 2021-11-24 05:00
アメブロ記事@魂の輝き
at 2021-11-12 07:46
霊視鑑定✨
at 2021-10-19 07:49
パワースポット
at 2021-10-14 21:35
新設しました。
at 2021-10-03 22:42

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2020年 07月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

キリスト教のすごさの本を読んで。

頭も朦朧気味なので、意味もないブログが続きますが、、。

昨日やっと読み終えた本「隠された聖書の国・日本」ケン・ジョセフ著。
隠された聖書の国・日本 (5次元文庫 (Zシ1-1))
ケン・ジョセフ・シニア / / 徳間書店
ISBN : 4199060243
スコア選択:



日本の仏教はほとんどキリスト教の焼き直しで、特に真言宗はそうだという。

もちろんカトリックでなくて、古代東方キリスト教か景教。

神道は仏教ほどそうではないけど、教会に変えやすかったから、、、等の理由で日本の宗教はキリスト教が元になっているという本。

昔のことをいいはじめると、歴史的証拠だけでは何が本当かはわからなくなってきます。

古代史研究家の数だけ説があるよ、という感じ。でも、神道をしてきて、歴史的でなくて、感で思うのは。

多分、キリスト教と、神道もすごく近いところがあると思う。

ユダヤ教かキリスト教かという問題もあるのだろうけど。両方あるというか。

古神道を学び始めてからのほうが、キリスト教がよくわかった。

それに霊能者になってから、キリストのことが理解できた。新訳聖書がおもしろくて、トーマスの福音書も読んでいたし。

新訳聖書のヨハネの福音書と法華経の如来寿量品は同じらしい。それは知らなかったけど、そんなに影響してるの?とちょっとびっくり。

著者も歴史的な証拠をつきつけて全てを展開しているわけではないので、話半分としても。

飛鳥昭雄さんも伊勢神宮にキリストが祭られているとか、本にかいていたし。名前が違うから、同じような存在でも違うと私は思うけど。

ただ、意識していない生活の中で、マリアやイザナミ等と夢とかで遭遇して、いろんなことを総合して考えると、私にとっては、キリスト教も神道も法華経も一緒になっている。

理想のビジョンは同じに見えるから。

どれが最初かといわれるとちょっと困るけど、普遍的な事柄の感じもしたりして。

キリストという人を通して具体的な福音のそれぞれは、わかりやすいので、納得してしまう。

死ぬときに天に召されて死ぬと思えば、殺す人を恨まずに死ねるから、幽霊になりにくい。

それだけ考えても、キリスト教はすばらしい。

マッカーサーの力で構成された日本の憲法は、理想の国になってほしい願いもあって今の憲法があるという。(文中)

それを考えると、8世紀前後につくられた古事記と日本書紀。

もしかすると、世界中のネタを加味して、理想の神話、理想の宗教、理想の国の願いをこめて書かれているかもしれない。

そう考えると古事記は、それを基本とする日本の国学や古神道により、世界の宗教が読み解けるようになっていて、理想の神祇の姿、そして、未来の方向を指し示す、最大の預言書かもしれない。

日本が第二次世界大戦みたいに、一度全てふりだしに戻って、願いをこめて最先端の歴史をつくったと思えば、ありえる。

だからこそ、古事記の研究はおもしろいし、神祇が宿って実在するのかもしれない。

深くなりそうな課題なので、打ち切り。

文中、聖徳太子のキリストに似せている話がでてきたときに、四天王寺がでてきたから、近所に住む知り合い元気かな?と考えていると、1年ぶりに今日電話がかかってきた。

やはり、本などで、情報を頭にいれてしまうと、すぐに世界はつながってしまうな、と思い、媒体の影響力を再確認したほうが、現実的に脅威だった。

聖徳太子とも、キリストともつながったかな今日は。
by akatsukireika | 2008-07-10 19:59 | スピリチュアル