人気ブログランキング | 話題のタグを見る


スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

Amebaブログ

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
_d0082655_23082885.jpg






<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章) [PR]


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章) [PR]


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ]) [PR]


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法 [PR]


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書) [PR]


幸せを呼び込むパワースポット [PR]


パワースポットガイド東京 [PR]


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき [PR]


あなたの願いが叶うパワースポット [PR]


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books) [PR]


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ! [PR]

タグ

(363)
(236)
(195)
(153)
(41)
(29)
(26)
(24)
(21)
(20)

最新の記事

九花宮数
at 2021-11-24 05:00
アメブロ記事@魂の輝き
at 2021-11-12 07:46
霊視鑑定✨
at 2021-10-19 07:49
パワースポット
at 2021-10-14 21:35
新設しました。
at 2021-10-03 22:42

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2020年 07月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

東北が開くとは

新刊「女神と鳳凰にまもられて」の中に鳳凰の章というのがあります。

これは、2002年頃に私がテーマにしていた富士にはじまる鳳凰の現象のことを書いたもので、今から6年も前のことです。2004年頃、一連の現象が終わったのでアネモネの2004年6月/8月号に詳しく掲載したものを、大幅に修正と加筆を加えています。

主に大和の範囲=鹿児島など南西方面からの現象を中心として、未来につながる意識と金の雨をうけとる方法についてのことです。5年も前のことなので、アネモネをすでに読んでしまっている人には目新しくはないのですが、5年後だから本にできる、という意味で、慎重だったし、大事にしてきたテーマだったと思います。

過去のことを外に出す期間が続いているのですが、久しぶりにこの1ヶ月間で少し時間ができたので、大量の本を買ってみました。実は、何年もスピリチュアル系やアセンションものの本は読んでなかったのですね。もちろん買ってもたくさんは全然読めないのですが。まだ、坂本さんの本も読んでないぐらいですから。

2012年のことも10年前からアセンションとかいってるわけだから、近づいてきているとはいえ、今更だとは思うんです。しかし、みんなが同じように感じてきていることを、それぞれの表現で書いているのは、おもしろいと感じました。特に、科学者も2012年のことをいいはじめたことで、宗教や予言のカテゴリーから少し広くなったのかもしれません。また、必死で言っても伝わらなかったことが、自然に受け入れられるようになってきた現象もあるかと思います。あたりまえの大事なことが、本当に大切なのですが、目新しいことは表現が変わるだけのことなんですが。

しかし、受け入れられてきて感じてきたことは、思ったよりも早く広がっているというか、速度も速いし、私みたいに5年も秘めたりしなくても、もうダイナミックに変化しているので、大きな流れが変わらないから、どんどん人に伝えてよい時期なのだと感じました。ちょっと前は、まだ、世間に出しすぎると、神祇の計画の邪魔になるのではないかと思うこともあったのですが、もう、実行あるのみで、よくできるか、よくなるのか、しかないのだと思います。

特に2012年に限ったことではないようにも思うのですが、私が6年前に受けたメッセージでは、神祇なくても人が自分たちでつくる神の作ったような社会をつくる、というようなことがテーマだったと思うので、2012年を過ぎると神祇の手を借りずに自然と共生していける人次第の世の中になるということでしょうか。

神祇とは、元地球に生まれて、人だった人間や、宇宙の発展した星の存在でしょう。しかし、私たち地球の人がそろそろ自分たちの力で神のような思想をもち、自分たちの星を大事にしながら生きていってもよい頃ではないかという思いで、始まりの年である2012年を区切りにしているのだとは思います。マヤ暦とか暦がないのは、宇宙からこの星を再生しようとやってきて、留まるのが2012年までということかもしれません。手伝うのはやめるから、地球の自分たちであとはやってね、みたいな。

普段、日常に照準をあわせている私ですが、出版のせいで、少し昔の考えがよみがえってしまいました。同時に去年の能登地震から、今月の宮城の地震で、リアルに感じてしまい、もう未来のビジョンとかかかわらずに生きていきたいとも思っていたのに、やはり、しっかりむきあわなくてはとも思ってきました。

鳳凰は南西から、そして女神とも深くかかわります。しかし、最大の鍵は龍神です。
対に考えるとわかりやすのですが、東北から、男神である国常立命という神と龍の存在です。

国常立命は海の壮大なパワーを秘め、人では立ち向かえないような自然神の様相を秘めています。破壊的なほどの強大なパワーといってもよいかもしれません。しかし、龍宮城の龍王のように、司っている神ということは、よくも悪くも悪の存在というわけではありません。イザナミのように、進化というか、変化の要素があるわけです。

イザナミと女性の問題を本では触れましたが、国常立命は男性の体制の問題です。戦争などを含む争い、政治、経済を含みます。

このことも5年前に国家間の愛を言っても、日本人以外の政治関係者には笑われたことがあります。その点、日本人はまだ耳を傾けてくれるのですが。

世の中は、少し理解できるかもしれない世の中になってきて、6年目よりも確実に悪くなっているからこそのなのかもしれません。

宮城の地震は大和の領域の北、しかし、八幡平あたりの地震の調整区域との間で起こっていますから、東北や海が動き出すことを示唆しているし、実は男性社会が変革をせざるをえないほどの変化を示唆してもいます。これは日本のことだけではなく、世界レベルでおこる兆候です。政治経済をしっかり固めていかなければいけないときでもあります。

愛と志のある方が、勇気をだして政治の世界でも進出してきてよい頃なのですが。

日本人には、他国よりも少し寛容な愛を理解できる素養があるだけに、世界の中では重要な発想を創造できる才能があるのだと思います。経済でも他とともに潤うような発想。政治でも共に発展するような発想。そういうことが、苦しい重力に負けないで、どんな状況でも発揮できる強い人材を期待したいです。
by akatsukireika | 2008-06-23 17:07 | スピリチュアル