人気ブログランキング | 話題のタグを見る


スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

Amebaブログ

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
_d0082655_23082885.jpg






<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章) [PR]


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章) [PR]


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ]) [PR]


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法 [PR]


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書) [PR]


幸せを呼び込むパワースポット [PR]


パワースポットガイド東京 [PR]


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき [PR]


あなたの願いが叶うパワースポット [PR]


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books) [PR]


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ! [PR]

タグ

(363)
(236)
(195)
(153)
(41)
(29)
(26)
(24)
(21)
(20)

最新の記事

九花宮数
at 2021-11-24 05:00
アメブロ記事@魂の輝き
at 2021-11-12 07:46
霊視鑑定✨
at 2021-10-19 07:49
パワースポット
at 2021-10-14 21:35
新設しました。
at 2021-10-03 22:42

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2020年 07月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

滝尾神社に

二荒山神社の裏道の石道をただひたすら歩く。

輪王寺の横の立て札は雨で消えていて、石の標識しかないぐらい行ってもいいのか不安を感じる道だったけれども、観光客は誰もいなくて、また女神の気を感じて、気持ちがよかったです。

途中には行者堂もあり、間違ってはないと目印にホッとしながら、山を降りる感じで坂を下りる。

そうすると、先に滝尾神社がひっそりとありました。

弘法大師がいたこともあり、僧の数や坊が100ぐらい見渡せるとか書いていたので、昔はこちらの方が栄えていたのでしょう。山にはかつて神が降りていた気や、地元神の気がありました。
弘法大師が女神をみたという大岩も残っていました。

階段を登ると、滝尾神社拝殿。気を感じないので裏に周ると、やはり本殿が。

挨拶をすると、独特の女神の姿を感じました。たくさんの狐を従え、しかし、何故か本人は鹿の上に乗り、天女の羽衣のようなもの被り、冠を被った女神でした。冠の感じがインドぽかったので、日本の神ではないのかな?と少し考えました。

弘法大師がいた頃に、他の女神を召還したりして、衣装が変わったのかもしれません。

が、たしかに地元の女神ではあると思います。鹿に乗っていたので茅野姫の分霊がかかっているのかなとは感じました。しかし、滝尾神社なので、祭神は田心姫です。宗像三女神の一人のタギリ姫のことです。

共通点は、気が強そうでした。日本の重要なことに関心があるようで、日々の担当ではないような感じです。奈良の丹生津姫に似ているな、とは感じました。

しかし、その奥には、暖かい地元神の女神の気を強く感じ母の力のようなパワーだったので、お顔を見せてくれたのは、一体ではなかったのでしょう。しかし、聖地感を十分に感じました。

奥にはまたまたご神木。しかし、これは随分遠いところからでも寄れるような、迫力のある強い光が降りてくるアンテナのようで、一番立派なご神木でした。過去に倒れているので、300年ぐらいの樹齢なのですが、神が宿っている感じです。
滝尾神社に_d0082655_230519.jpg


隣には先ほどの眷属の稲荷神社。酒の泉や子宝石などもあって、かなりいろいろある立派なところ。何故野放し?という感じでした。

二荒山神社の神と随分違う性格の女神を感じて、道中にやっぱりインドの方かなぁとか迷いながら、思いかえしていると、モノノケ姫の映画のビジョンが流れました。モノノケ姫は山犬にのっているんですけどね。鹿は神様の役だったなぁ、、と。主人公は二荒山神社の祭神の味鋤高彦根命がモデルともいわれているので、何か関係ありそうです。

つづく。

滝尾神社に_d0082655_23213850.jpg滝尾神社に_d0082655_23224051.jpg滝尾神社に_d0082655_2323480.jpg
by akatsukireika | 2008-03-16 23:07 | 神社