人気ブログランキング | 話題のタグを見る


スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

Amebaブログ

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
_d0082655_23082885.jpg






<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章) [PR]


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章) [PR]


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ]) [PR]


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法 [PR]


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書) [PR]


幸せを呼び込むパワースポット [PR]


パワースポットガイド東京 [PR]


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき [PR]


あなたの願いが叶うパワースポット [PR]


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books) [PR]


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ! [PR]

タグ

(363)
(236)
(195)
(153)
(41)
(29)
(26)
(24)
(21)
(20)

最新の記事

九花宮数
at 2021-11-24 05:00
アメブロ記事@魂の輝き
at 2021-11-12 07:46
霊視鑑定✨
at 2021-10-19 07:49
パワースポット
at 2021-10-14 21:35
新設しました。
at 2021-10-03 22:42

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2020年 07月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

近づく22日

明日の2月22日は、去年の私が知った一番興味深い日(新暦旧暦問わず)の2月22日なので、少しどきどきする。

というのも、お岩さんと聖徳太子(旧暦)の亡くなった日が同じ2月22日と知ったとき、結構ショッキングだった。ついでに後鳥羽天皇(旧暦)、の忌日も同じ。

私はいつも同じようなビジョンばかりみる。富士のコノハナサクヤヒメや白山のククリヒメ。
そして、龍と鳳凰。マリアとキリスト。イザナミとツクヨミ、スサノオ。クニトコタチ、、etc。

女性に関してのトラウマ要因の色情、男性に対しての思い。
男性に関してのトラウマ要因の戦争、反逆、体制への思い。

どちらも、死と愛がとなりあわせにありながら、悲しい現実をつくる。

人間がいるからこそ、できた社会のひずみ。幽界。

その代表的な例がお岩さんや将門なんだろうけど、(ちなみに将門の忌日は2月14日)聖徳太子も元祖であるし、後鳥羽院もなるほど、、、。

女性は男性との性差別問題を超えて、男性は南北朝や右左翼、政治体制を超えて、愛(22)と生命(44)の視点で、社会が見れるようになると、一つ進化して、イザナミが菊理姫に変わるような、龍が鳳凰に変化するような(余計わかりにくいですが)、輝きを得るのだと、私は思っている。

22日は偶然にも、昔、私がフジの日として選び、天地人の祭りをしようと思った日。
22で富士の力を得、23日で進化して白山の力を得る。とそんな数の遊びを月の23夜との関連で結び付けながら、つくよみのみことの進化の日でもあるとして、神の仕組みを紐解こうとしていたことらが、現実にリアルに現代と符合しながら進んでいるような気がします。

自分の命はその時代の中で、しっかりそれないで生きているのだろうかとは多少心配はしながらも、斜めに異次元世界を眺めながら同時進行しているという感じ。過去のシンクロは今のシンクロ。聖徳太子は今もなお続いているという感覚。

反体制の象徴であるはずの方の死が、数字上では愛をも示唆していることも、意味深いなと思います。将門の2月14日も翌々考えると愛のバレンタインデイだったりしますし、、ね。

占いの経験上、2月22日生まれの人は男性だと、もてる人が多いですね。愛の使者なのでしょうか。恋多き人でもあります。

私の死ぬ日はわかりませんが、生まれたのは11月1日というのも、数字的にぞろめではっきりしています。ついでに、旧暦だと9月22日で22がついているのはちょっと怖いです。明治天皇が旧暦の9月22日生まれで、同じ誕生日なので、体制が入れ替わったときの天皇と同じというのは、なかなかこの話に関連して不気味です。

暁玲華は占い名なので、つけてもらった名前なのですが、命名日はなかなか偶然にしては笑えます。平成11年11月11日。11のオンパレード。本人の生年月日と数の配置とほとんど同じです。私の正体がほとんどばれたか(笑)ぐらいのわかりやすい数並びなのですが。こんなことしてるのも、数の作用かとも思えてしまいますが。

富士の22、白山の11(十一面観音にかけて)、などが関係あるのかもしれませんね。
そして、22の秘密ではないですが、この男女の因縁をどうにかわかりやすい形で昇華する役にたてば、とも思い、個人的な仕事として、モチベーションがかかるところではあります。
by akatsukireika | 2008-02-21 02:09 | スピリチュアル