人気ブログランキング | 話題のタグを見る


スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

Amebaブログ

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
_d0082655_23082885.jpg






<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章) [PR]


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章) [PR]


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ]) [PR]


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法 [PR]


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書) [PR]


幸せを呼び込むパワースポット [PR]


パワースポットガイド東京 [PR]


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき [PR]


あなたの願いが叶うパワースポット [PR]


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books) [PR]


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ! [PR]

タグ

(363)
(236)
(195)
(153)
(41)
(29)
(26)
(24)
(21)
(20)

最新の記事

九花宮数
at 2021-11-24 05:00
アメブロ記事@魂の輝き
at 2021-11-12 07:46
霊視鑑定✨
at 2021-10-19 07:49
パワースポット
at 2021-10-14 21:35
新設しました。
at 2021-10-03 22:42

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2020年 07月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

ミッシングピースを観て、、

今日は、嫌な夢をしっかりフォローしようと思い、靴の修理をまとめてしてきました。靴が連続して壊れるなんて、そうない現象ですから。

夜は銀座の「ル テアトル銀座」で上演中の「ミッシング・ピース」を観てきました。
http://search.pia.co.jp/perform.htm?pcd=376917&sheetNo=188647
脚本、プロデュース:売野雅勇  演出 市川右近
出演:市川右近、市川春猿、市川段冶朗、古藤芳治 さんたち。
音楽:千住明  バイオリン:宮本笑里

売野さんって、昔、中森明菜の飾りじゃないのよ涙は、とかの歌詞書いてたあの?売野さん?ですよね。とってもスピ芸術系だとは聞いたことはありましたが。歌舞伎界の方々の現代劇?というか朗読だから、なるほど「リーディング・スペクタクル」だそうな。

何の前振りもなく、観てきました。

役者さんはみなさん男性。女性役の市川春猿さんは、本当に男?と思うような発声と存在感。あぁ、だから歌舞伎役者なのね。でも、この歌舞伎ではなくて現代劇風なユニセックス度って、私が大好きな宝塚となんだか似てるなー。宝塚は花組にはいつも顔を出していたのですが、最近は疎遠気味。そういえば、能の梅若六郎先生も「紅天女」とか演じてますから、最近こういうのはやってるのかしら。

まだ上演中なので内容はともかく、かなりスピリチュアルなお話です。前半はさらっと輪廻とか前世とか生まれ変わりとかの言葉で振ってくるのですが、後半は魂とかシンクロのガイドとか、かなりリアルに100%スピ世界に入ります。そして、天使と悪魔の対比。

最近の私のテーマとシンクロしていたこともありました。音楽のことです。
物語のテーマがバイオリンとなくなった楽譜を探すことからなのでメインテーマではあるのですが、曲の最終章を巡って、悪魔にほおむりさられないために、いろいろな手法で隠しているのでは、という設定。

悪魔が嫌がる、魂を救う音楽を封印した作曲家を巡って、転生後の人間たちが、音楽が地球の光を輝かすことを確信して追求する。

何か、この1週間、ずっとそんなこといってなかったけ?

富士の薪能の天鼓と同じテーマのような。能と歌舞伎・・日本・・お・ん・が・く・・

富士山はさすがにでてこなかったな。

ワルシャワ、サンクトペテルブルク、モスクワ、パリ なんだか意味ありげだけど。

音楽は魂を浄化するのは確実だけど、音楽にもよりますし。やはり、最高の音楽を巡って悪魔も戦うかもしれませんね。

悪魔は光があると、すぐ水をかけるように消したがります。

このなかで、興味をひいたのは悪魔の魂をもつとされる市川段冶朗さんの役。自分が悪魔のような魂の持ち主と多分知って、自殺をするのです。これって怖いですよね。
自分はかんばって生きているのに、悪魔の魂の持ち主だと知ったらショックすぎるもの。潔く自殺なんて、普通はできません。私の言い方だと、霊と呼んでいますが。
悪魔だけに、純粋なんでしょうか。

やったらスピリチュアルでおもしろく、まだ12日まで上演されています。スピ好きにはお奨めです。


私も江原さんが歌っているように、何か芸術事で、副業つくりたい、とこういう感動演劇見ると、思ってしまいます。スピリチュアルな概念は結局、芸術の中で表現されていくほうがずっと自然ですものね。

これからご縁がありますように!!


PS.2001年の再演?時が6年滞っていたのかも。。。。ね。
by akatsukireika | 2007-08-10 23:55 | スピリチュアル