人気ブログランキング | 話題のタグを見る


スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

Amebaブログ

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
_d0082655_23082885.jpg






<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章) [PR]


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章) [PR]


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ]) [PR]


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法 [PR]


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書) [PR]


幸せを呼び込むパワースポット [PR]


パワースポットガイド東京 [PR]


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき [PR]


あなたの願いが叶うパワースポット [PR]


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books) [PR]


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ! [PR]

タグ

(363)
(236)
(195)
(153)
(41)
(29)
(26)
(24)
(21)
(20)

最新の記事

九花宮数
at 2021-11-24 05:00
アメブロ記事@魂の輝き
at 2021-11-12 07:46
霊視鑑定✨
at 2021-10-19 07:49
パワースポット
at 2021-10-14 21:35
新設しました。
at 2021-10-03 22:42

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2020年 07月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

梅若薪能in 北口本宮浅間神社

土曜日は前述の北口本宮富士浅間神社で行われた薪能に行ってきました。
梅若薪能in 北口本宮浅間神社_d0082655_1343951.jpg

妹の師匠であり、私も大ファンの梅若六郎先生の舞台だったので、とっても楽しみで、ワクワク。

神社につくと、子供と歩いている私を偶然現地入りしている妹にも発見され、よくみつけたね~とびっくり。黒紋付きと袴姿が男っぽくてよく似合っていました。

この神社での夏の薪能は29回を迎えるらしく、梅若六郎先生が毎回出演されるので、地元でも大物を呼べる舞台として有名なようです。特に、今回は野村萬斎さんが狂言をされるので?、若い女性客も多く、神社をバックにした神楽殿は大入りで生き生きとしていました。

私は、自分の前述の用事もありますが、能の前にさっさと終わらし、いざ薪能と共に、、と思ったのですが、どうしても子連れだったので、能の途中から幕外の高台にて鑑賞。
この高台の位置がよかったのか下でみるよりも眺めもよく、ついでに、バックの摂社全社にお参りを済ませて、意外とよかったのでした。

この神社は武田信玄ゆかりの神社として有名で、富士山の木花咲耶姫を主祭神としていますが、雰囲気は男っぽく、祭神でもある火の産屋で生まれたとされるヒコホホデミの命の色を濃く感じる神社でもあります。背景の摂社には多くの神を集合させてますが、富士講の本山だけあって、修験道や国学の先人たちを祭ってあるのも特徴的です。

そんないわくな歴史色強い神社で行われた薪能ですが、初めの演目は「通小町」。小野小町とストーカー?が成仏されるお話(はしょりすぎ?)です。
せっかくなのに色濃いざた~!とか初めは少しがっかりしたのですが、私が富士に祈っているメインのポイントは色情、そのまんま色濃いざた、の浄化なので、一観劇者から離れ、神事だと思うとそのまんま。富士に眠る女神が男に思う全ての悲しい感情を乗り越えて進化してほしいという、願いを考えてみれば、すごいシンクロともいえ、逆にうれしくなってきます。

古事記の中で黄泉に落ちたイザナミが這い上がって、イザナギと仲良くなった話のように、巷の霊たちも明るい光の方を向いて、成仏してほしいものです。

六郎先生はそのストーカー?(少将)の霊役だったのですが、出てきた瞬間に、その遠い私の高台まで伝わる何とも恐ろしいエネルギーで、心臓がどきどきするぐらい。子供は「怖い~」と泣き出しそうになるし、迫力ですー☆天才なんですね。この心のエネルギー放出力。来た甲斐あったと思える瞬間です。
自分の体験からして、能は霊がたくさん出てきますから、霊能の知識があると、もっとおもしろく見れること保障します。また、心の演劇といってもよいので、かなりスピリチュアルですよね。せりふは子供が真似して「あーいーうーえーおー」とか言ってましたから、母音しか聞こえてきませんしね。

野村萬斎さんの狂言は「梟山伏」。つき物を落とそうと山伏を連れてきて、結局皆に霊がついてしまったという話。梟の霊なので、全員がホーッっていうんですよ。最後は山伏も。☆

萬斎さんがでてくると、キャラがたっていいるというのか、オーラで舞台が明るくなるんです。
で、何をしてもおもしろい。テレビで見る芸人さんの伝統芸能篇といったらいいのか。個人の存在が磨かれている印象を受けました。

いろいろ今回演目になった縁に意味はあるのでしょうが、下手に霊能者に除霊をしてもうらおうとして失敗する例は、やはり個人が意志をもって光を発することが重要だというように受け取りました。私も自分に集中することのほうが、大事だなぁと反省したり。また、視点を変えると、次の演目の意味に納得することしきり。。鼓を打ってお払いしましょうって、この間誰かに言ってたような。。。


ここまでで、うちの子供は限界。あと最後のメインの能がのこっているというのに~。皆さんの迷惑にならないために、仕方なく帰りました。

ちなみに「天鼓」という演し物で、あらすじは、天から鼓が降りてきて子供が宿ったので、子供の名前を天鼓とするが、後に本当に鼓が降ってくる。その鼓を巡って帝は鼓を手に入れるために、その子を殺すが鼓は鳴らず、結局、親がこの鼓を子をしのんでたたくと、霊が現れて奏するという話。

見たかったなぁ。最後のポイントというような気がする天鼓の演奏。

心のこもった音楽こそが、祭りこそが、成仏、浄化には一番!ていうこと?!

でも、さらに読み解きが面白そうなので、今夜じっくり考えることにします。観てないけど。
by akatsukireika | 2007-08-05 23:55 | スピリチュアル