人気ブログランキング | 話題のタグを見る


スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

Amebaブログ

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
_d0082655_23082885.jpg






<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章) [PR]


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章) [PR]


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ]) [PR]


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法 [PR]


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書) [PR]


幸せを呼び込むパワースポット [PR]


パワースポットガイド東京 [PR]


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき [PR]


あなたの願いが叶うパワースポット [PR]


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books) [PR]


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ! [PR]

タグ

(363)
(236)
(195)
(153)
(41)
(29)
(26)
(24)
(21)
(20)

最新の記事

九花宮数
at 2021-11-24 05:00
アメブロ記事@魂の輝き
at 2021-11-12 07:46
霊視鑑定✨
at 2021-10-19 07:49
パワースポット
at 2021-10-14 21:35
新設しました。
at 2021-10-03 22:42

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2020年 07月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

鳳凰の過去記事からのメッセージ②

鳳凰についての過去掲載記事特集②

あくまで2004年当時の見解なので、今とは違っているところは多々ありますが、エッセンスを読み取っていただければと思います。

アネモネ20048月号より

<鳳凰の真珠は大地を浄化する>

富士の山頂から鳳凰が飛び立ち、若狭湾で金の真珠をさらい、それを鹿児島で温めていた6月号でお話ししました。

これはあくまで霊視による象徴的な出来事として受け取っていただきたいのですが、この真珠が鍵をにぎっています。

実は、この真珠との出会いは、200210月のことでした。

私に昼も夜も語りかえてくる存在があったのです。

その声の主は、海の底で眠り続けてきた金色に光る珠でした。

私は、それを真珠さんと名付けました。

その真珠さんとの語り合いでわかったのは、金色の珠は、闇に包まれた海底で生まれたわずかな光を集めて大きくなったということです。

地球内部からは音波が発せられており、その音波と宇宙から降り注ぐある種の波動(電磁波?)のエネルギーを受け、海底の地表付近にある石が触媒となって光が生まれるそうです。

その光が集められたのです。

若狭湾の真珠は、千年かけて大きくなったといいました。

(ほかの海底でも同じようなことが起こっていることがあとでわかりました。)

闇の中で集められた貴重な光は、普通の光の何倍もの浄化のパワーをもっているそうで、現界はもちろんのこと、霊界や黄泉をも浄化できるのです。

その後、若狭湾の真珠は、急速なスピンで回りながら、ゆっくり海底から浮上しました。

そして空中をものすごい勢いで上昇しはじめたとき、富士にいた鳳凰が、その真珠を連れ去ってしまったのです。

翌月、私が鹿児島神宮に参拝したおり、神殿の前で羽を閉じ、うずくまっている鳳凰を霊視しました。

卵を大事に抱えて眠っています。

よく見ると、その卵は若狭湾の真珠さんでした。

実は真珠さんとは光の種がぎっしり詰まった珠でした。

鳳凰があたためて、一つ一つの光を種に変えたのでしょう。

打ち上げ花火の玉をイメージするとわかりやすいのかもしれません。

光の生まれる海底は宇宙の闇とある次元でつながっていて、宇宙で生まれる浄化の光と海底で生まれた光は同じ性質を秘めています。

浄化の光は宇宙から降り注ぐだけではありません。

大地は鳳凰が2004年5月に富士に戻ると伝えてきました。

鹿児島から、熊野上空を通り、伊勢沖の神島に停泊し、いったん東に迂回して、鹿島沖を東から富士に向かう、とその経路も知らせてきました。

<富士の真上に光の柱がたつ>

そして5月5日、メッセージ通りに、鹿島、香取、両神宮が作った黄金の門を通って、朝日とともに、(現実的にはまるで台風のように)富士入りしてきました。

鳳凰が黄金の門をくぐるときに、鹿島沖で作られた別の真珠の光で、羽の衣の光も増やされました。

光輝く金色の鳳凰となったのです。

そして鳳凰は、富士山の上空に来ると、ゆっくりと旋回し、富士の内部におさまりました。

100体以上の龍神と神仙たちを従えての帰還です。私はこの日、富士山の五合目で、この光景を見届けました。

やがてまもなく、富士の真上に光の柱が立つでしょう。

富士山の噴火とは、目には見えない光の噴火のことです。

その光が浄化の光、そして真のフォトンベルトの光なのでしょう。(フォトンベルト特集だったので、一応触れています。)

鳳凰と一緒に飛来した龍は、子鳳凰に姿を変えるはずです。

そして今後、西に移動するでしょう。

しかし、富士の光だけでは、日本中をすべて浄化することはできません。

そこで、鳳凰は若狭湾に隠されていた光の珠すなわち金の真珠をさらい、それを育てて光の種に変え、今度はその種を子鳳凰とともに、全国各地の霊山・聖地に降らすのです。

金粉の雨のように降り注がれた種は、芽吹いて力吹き上げ、光の柱となります。日本の要の場所に光の柱がたつのです。

その光は大和人を目覚めさせることでしょう。

(続く)

鳳凰の過去記事からのメッセージ②_d0082655_04574371.jpg

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

この頃に降りたメッセージの一部抜粋


河口湖・大嵐天神にて(2004年5月22日)

「大和の宮、富士の宮は永遠の宮。

光の宮。斎の宮。そして柱の要。

このたび、多々の龍神そろいて還りし儀、謹みて祝う。

大地の神、天の神、準備は進み、仕組みは滞りなく進む。

あとは人の進みを見届けるのみ。

波立つものに捉われず、真を観よ。

深みにある真の底は動いてなく、ゆっくりと進んでいることがわかるだろう。

人の進むべき道をしっかりと踏みしめ、大きな光の輪になることを神々は待っている。

新しき世の始まりに向かいて確実に歩みをすすめ、終焉を迎えるのは、偽の衣。

脱ぎ捨てるのみ。

惑わされずに自己の道を歩めよ。

富士は新しき世の塔としてこれからもあり続けるだろう。」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


鳳凰が生命と魂の源と感じたことなどを含め、これからの時代にも知ってほしいことなどを、
12月1日に今年最後の鳳凰についてお話しとワークを紹介します。

もうすぐです!!
概要はこちらから↓



by akatsukireika | 2018-11-23 04:58 | スピリチュアル