人気ブログランキング | 話題のタグを見る


スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

Amebaブログ

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
_d0082655_23082885.jpg






<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章) [PR]


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章) [PR]


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ]) [PR]


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法 [PR]


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書) [PR]


幸せを呼び込むパワースポット [PR]


パワースポットガイド東京 [PR]


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき [PR]


あなたの願いが叶うパワースポット [PR]


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books) [PR]


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ! [PR]

タグ

(363)
(236)
(195)
(153)
(41)
(29)
(26)
(24)
(21)
(20)

最新の記事

九花宮数
at 2021-11-24 05:00
アメブロ記事@魂の輝き
at 2021-11-12 07:46
霊視鑑定✨
at 2021-10-19 07:49
パワースポット
at 2021-10-14 21:35
新設しました。
at 2021-10-03 22:42

フォロー中のブログ

検索

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2020年 07月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

鳳凰の過去記事からのメッセージ①

今年のはじめにアネモネに鳳凰の記事が掲載されて、6月に鳳凰のセミナーをすることになり、12月のスピリチュアルサミットも鳳凰を話すことになったのですが、
私にとって、鳳凰の話は14年ぶりのことでした。

もちろん、いろいろな仕事の端々で鳳凰は登場しますし、タロットカードも鳳凰を描いてもらっているのですが、
鳳凰のセミナーは14年ぶりで、縁の再来を感じることになりました。

2000年前後に鳳凰を感じたり見たり、夢でみたりして、親近感があり、
2002年頃はよく探究していました。

手元に2004年当時のアネモネがあるのですが、この頃は、富士山を中心にメッセージをとっていました。
その過程で鳳凰は良く出てきたのです。

6月号は、大地のメッセージの特集でした。

富士の大神からのメッセージを紹介しています。
(以下、アネモネ2004年6月号より)
その一部を抜粋してみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「この国の民の役はすべて決まり、いまはその役をまっとうすべきとき。
富士大天神の神祇は、富士の高天原に集い、富士の仕組みの運び進み、形なるを待つのみ。
各々、心して氏名に尽力し、現界に命を尽くせ」

このメッセージの背景には、
「私がここで受け取るビジョンは、いにしえの時代、この日本が神霊たちとともに栄えていた時代のことがベースになっています。
当時の人たちが大地を愛し、海洋技術に長け、富士の西湖もいまより10メートルくらい水位が高かった時代でした。
人々は丸木舟のような船に色とりどりの旗をたて、金鉱の採掘をしていました。
湖の底には、神々を祀る社があり、水中で神事を行っていたのです。

富士が高天原として栄えていた時代でしょう。
富士は龍を従え、人は龍を眠らせるための祠を5か所、富士の周りにつくりました。

その龍は時の流れとともに、鳳凰となり(このあたり、はしょっているような気がする)
富士の山頂から飛び立ったのです。
鳳凰が目指した先は若狭湾でした。
そこには、1000年の眠りについていた金の真珠があり、鳳凰はその真珠をさらって鹿児島へとび、
そこで卵のように温めて、眠りから目覚めさせようとしていたのです。

その真珠は、これまでのビジョンから浄化の役目を担った卵であることがわかっています。

この卵が孵化し、華(花)として、大地に蒔かれるとき、大地は浄化され、地球は生命を甦らすことができるでしょう。」



「今(2002)地球は、大転換期を迎えようとしています。
再び、神々と人がともに暮らす時代が来るようです。
この地球を地の高天原として、復興させなければいけません。
(天の高天原を地にうつす)
そのために、日本神界では、封じ込められていた豊雲野大神や黄泉の国に隠遁していた伊弉冉大神が復活し、
地球の浄化をはじめようとしています。

鳳凰は、そのイザナミの化身(象徴)かもしれません。。。。」


「もちろん、その浄化は神々だけで行うのではありません。
私たち人も行わければならず、その役割はすでに決められているというのが、今回のメッセージが伝えようとしているところでしょう。

『富士は高天原の神々の集うところなり、光の元、光の場、とわに光を降ろす。』

富士の仕組みについて
『時である。ひふみは時の流れ、この地は時が重なり、うつしを迅速にする。
富士の廻りを廻り、天へ導き、地に導く。
ひふみは地に記されており、文字に記されている。」

この言葉と共に、まるでDNAのように、二重らせんの映像が飛び込んできました。

富士の声
「風の声とともに春の訪れを待ちし今日、我らが富士の浄化はすすみ、わが春はが訪れようとしている。
我が光は、天からの光と共に、天にふきあげ、光の噴火は光の柱となって、目に見えるだろう。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大地のメッセージをとるうちに、見えてきた龍と鳳凰。

あれから14年。
メッセージや夢から独自の鳳凰観をもち、人がなぜ生きるのか、死ぬとはなんなのか、ということと関係していた鳳凰。
そんなことから仮に死ぬとどうなるのかの死生観からのワーク。
そして、宇宙の北天にすむ、鳳凰の本体について。そしてその卵とは。
北天の紫蘭鳳宮とは。

鳳凰が生命と魂の源と感じたことなどを含め、これからの時代にも知ってほしいことなどを、
12月1日に今年最後の鳳凰についてお話しとワークを紹介します。

もうすぐです!!
概要はこちらから↓


鳳凰の過去記事からのメッセージ①_d0082655_17252093.jpg







by akatsukireika | 2018-11-21 17:29 | スピリチュアル