スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(346)
(209)
(173)
(146)
(38)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新の記事

有料メルマガ「暁玲華の日本を..
at 2018-07-17 21:30
神道のルーツを探るin朝日カ..
at 2018-06-26 01:33
内なる神性を復活させる「鳳凰..
at 2018-06-04 22:26
韓国のパワースポットの講座の..
at 2018-05-10 06:56
お休み中のお知らせ
at 2018-04-12 21:21

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

記事ランキング

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

神道のルーツを探るin朝日カルチャー終了~ワークへのやる気

6月23日(土)は朝日カルチャーセンター新宿校で「神道のルーツを探る」をお話してきました。
d0082655_01183458.jpg
去年、毎日文化センターで3回にわけてお話した内容を、ダイジェストに90分にしています。

日本の建国に深くかかわった、神道文化を持つ民族。

そのルーツと体系についてを、壱岐や対馬の神社や古墳の紹介を中心に、伊勢、出雲、三輪、伊勢、鹿島、香取の主要な神社の成り立ちと共に、
神道が日本の宗教になっていった過程を説明するというものです。

私は何回も話してくると自説に慣れてきましたが、初めてきいた話だと思われた方も多かったようです。


このルーツや神社の成り立ちを研究する中で、珠が大きな役割を果たしてきたことを知りました。

巫女が埋めたり、神を降ろしたりして、パワーをいれた石ですが、神体になる石とはどれほどのパワーだったんでしょう。

2006年に「女神と鳳凰にまもられて」を出版しましたが、その内容である2000年頃から、鳳凰と卵(珠)について、こだわってきました。

そのころに霊感だったのものが、この20年で、知識が埋められてきたように思います。

20年かかるってのがおかしいんですが、今のタイミングで16年前のことを再開したという方が正しいかもしれません。

その成果として、アネモネのワークでしたような鳳凰と卵と北辰のこともよく理解してきました。
その中には、潮干珠と潮満珠のワークがあるのですが、これは珠そのものの神体になるべき石の特徴をイメージするものとして、結構、完成度が高いなと思っています。
鹿島、香取、星、珠、火と水、今まで学んできたいろいろな知識が使えました。

正直、神仙道は31歳くらいから入門したのですが、使用しすぎたのかいろいろな災いが起こったので、
危ないものとして認識し、他人に教えるのは、十分な慎重さをもって、接してきました。
それでも今春から教えようとは思ったのですが、気持ちにストップがかかりました。

しかし、鳳凰の珠のワークの中で紫微宮が出てくるのですが、ここでは紫微宮を開く神仙道の印を使います。
そのことに対して気持ち的にはすんなり使うことができました。

呪文の勉強をしたことは神々のことをよく知るのにも役立ち、ワークで「火蔵(ほくら)」が出てきますが、
これは火山のマグマみたいな火の蔵で、岩長姫がいる場所ですが、人の寿命や命をつかさどっているところです。
このように、たくさんの知識を神仙道は教えてくれたので、やって意味はあったんだろうと思えてきたのです。

病気を治すときは琴座にいる少名彦命に頼んだりもするのですが、今回、ベガワークを作り出したときに、結構悩みました。
私には女神しか見えないので、少名彦命とは?もしかして、小さくて見えない???

このように、やはり、神仙道は陰で役にたっているのです。

星のワークなのに、神社がそれを表すようにあるし、これも、神社の知識が使えました。

ということで、私の勉強してきた知識と霊感から生まれた鳳凰と珠のワーク(まだ名前をつけてません)は、私のオリジナルです。

神道のルーツもからんで、エジプト神話も出てきます。

昔、ピラミッドの研究者になりたかったのに、もう時すでに遅く、
まだ、ピラミッドにたどり着いてもいませんが、何となく、いろいろ本当にやりたいことがわかってきたのです。

ワークは、結局、私が大学時代から勉強してきた錬金術とか、東洋の錬丹術とか、西洋の魔術に近いのですが、
人が神になるという、神道の究極の目標に沿って作られています。

アネモネセミナーでは理解者が多かったのですが、先日某宅で実践してもらった感じだと、気功等をされている人は理解できるけど、
知識がないと意味がわからなかったり、そのワークをする意味を理解できなかったりするんだなあということもわかりました。

それは、瞑想とか、気功とか、内観とか、人の生き方を説くものとは、似ているけど違うので、
一般向けではないのでしょう。

鳳凰と卵も2006年の本から離れていましたが、再び、テーマになり、自分でも楽しいと思って、ワークづくりをしています。

先日のアネモネセミナーで、ある女性がこういわれました。
「10年前に鳳凰と言われてもよくわからなかったけれど、(アネモネで鳳凰のセミナーを14年前にしています)今は、多くの人が知識があるので、言っていることがわかります。なので、今なのではないでしょうかと。」

時を待っていたのでしょうか。

女神の時代が始まる前章のような感じがします。

ベガの女神、プレアデスの天女がワークでは主役です。

次々とわかりやすさも考え新作を作って行く中で、理解したりわかってもらえる人、マスターしてくれる人が現れると、私も、可能性を感じるのかなあと。

これは人が神になるワークなので、霊能というかスピリチュアルな感性ぐらいは身に付きます。

人的ではなくて、神的発想なので、錬金術師の方が正しいのかもしれませんが。

14年前にアネモネに書いた、光の華の種を受け取りましょう、という言葉を、実践する方法です。

やっと、やる気になったのか、私??的に楽しいです。

瞑想法は去年一年がかりでゆっくりでしたが、珠のプレスを作り出してからは、やる気に加速が!


そんな感じで今年から、このワークを継続的に始めます!!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ーーーーーーー

◆参加者募集中の講義・イベント・セミナー◆

2018年9月29日(土)15時半~17時 朝日カルチャーセンター新宿校

「鳳凰と卵と生命の秘密」

2018年12月1日  スピリチュアルサミット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー











by akatsukireika | 2018-06-26 01:33 | 神社