スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
RESERVA予約システムから予約する

◆スマフォアプリ暁玲華◆
d0082655_05364599.gif

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(361)
(221)
(185)
(150)
(38)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新の記事

「and GIRL」1月号「..
at 2018-12-14 00:59
今年も鹿島神宮がトップに
at 2018-12-13 23:30
オンライン配信講座申し込みス..
at 2018-12-03 16:13
2019年のパワースポット
at 2018-12-03 02:48
過去記事からのメッセージ⑤白..
at 2018-11-28 20:41

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

記事ランキング

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

海の神とのシンクロニシティ

海に注目していたのは、津波以来、、というわけではないのですが。

私が潜在的に海を求めていたことに気づかされた、ということでしょうか。

それが、はっきりわかったのは、なんと、お客様のAさんを霊視鑑定した時でした。



(今日は久々(何年振り?)、鑑定のことを書きます。抵抗のある人はすっとばしてくださいね。感動した最近の出来事なので、FBでは飽き足らず、ブログに書いちゃいます。)


5、6年前から、全体運の参考にするために主護神鑑定という鑑定をしています。

7年前までしていたお祓いは私のやり方ではないとして、霊視鑑定だけをしていましたが、

霊視をして相談に乗る以前に、その方の背後の神を短時間でも、一通り視るのも人生の参考になるだろうと、はじめました。

霊統主のように本格的に視ないと間違うかも!というような繊細なレベルじゃなくて、簡単に見える範囲のもの、という意味で。


鑑定は、左肩と右肩の先祖神を二体、今の現世に影響を与えている前世、そして、一番大事な主護神を視ます。

この主護神というのは、その人の魂の姿を私がビジョン化して、後頭部上方に見るという方法です。

なぜか、私には前世は右肩後方に見えて、主護神は後頭部上方に見えます。
そしてこの方法で、特に解釈をせずにとりあえず、見えるものを絵に描いて、伝えて、自分なりの解釈をし、その人が何のために生まれてきたか、という使命の参考にする鑑定です。
超下手な絵ですが、鑑定したことを忘れないでいてもらいたいと思い描いてきました。


そんな日々の中で、鑑定にこられたAさんは、普通のお客さんなのですが、私が偶然チャンネルがあってしまったのかもしれませんが、夢にでるほど主護神のビジョンが焼付く体験でした。

通常、どの方の主護神も素晴らしいので、役割の異なる魂というだけで、甲乙もなく、すべての人の本来の姿に輝く光を感じます。

ただ、魂が生き生きと輝いて生きている人と、自分を大事にせず魂が輝けない状態で生きている人との差はもちろんあり、幸せ度に関係しています。
私は「光華明彩」といって、どの人の魂も光輝きますように、という思いでこの仕事をしているので、当然、魂が輝くことを応援しているわけです。


その日のAさんの主護神のビジョンは、私の目を覚ましてくれ、私の魂も輝くことができて感動したので、
久々ブログに書こう!と思えるほどのインパクトでした。

で、Aさんの鑑定ですが、
まず、先祖をみて、次に前世を見たときに、おや?と思いました。
前世の地味な映像が次々と脳裏に浮かびます。
前世は自分が嬉しかったときやトラウマの過去が見えることが多く、印象的なシーンは多いのですが、
Aさんの前世は、大根を嬉しそうに洗っていたことや、海女さんとして海にアワビをとりにいくのを本当に楽しそうに働いていたり、というものでした。

なんで、普通のシーンなのに、こんなに生き生きとしているのかと思って、もう少し古い過去を見ると、神に誰よりも仕え祈り、その時も大きなアワビを自分で獲ってくるような働きものの島の巫女で、その映像を見るうちに、胸にこみあげるものがあり涙目になっていました。


この方は、天地神とともに生きていることに、喜びを感じていて、それを何回生まれ変わっても、生き生きと実践されている方なんですね。大地で獲れた大根を洗うのもうれしい。大地神である海にかかわりアワビを獲るのも、うれしい。いつも自然神とともに生きていることが魂に疑いもなく根付いているような方だったんです。
神祇を心底信じている人なんですね。

とっても徳がある深い人だなぁ、と感動して、その映像の意味がわかりました。


そして、最後に主護神をみました。

主護神は見える方は本当にはっきりと。見えない方はなかなか見えず、名前を何回も呼んでどうにか降ろします。

その方は、魂が輝いている方なので、それはもうはっきり視えました。
津波のような大きな波の上に龍の上に乗って現れたのですが、その海の水が私にかかるかと思って、びっくりして、肩をすくめたほどです。

その龍の上に、観音様のようで乙姫様のような青紫の衣をまとった光る女神が、大きな光る球をもってたっていました。
背後にはたくさんの魚たちを従えて、迫力があり、暖かい菩薩の雰囲気を漂わせています。
深い海の底から命の珠である真珠を守って、浮上してきたのですね。きっと。
人の魂と命を救う人の、典型的な仏的な菩薩イメージの魂です。

その迫力にびっくりして感動して、そしてピンときました。
今の私に必要なビジョン。
私がなかなか理解しないので、わざわざきていただいたとしか思えません。

ひとつは、徳を積み、魂を輝かせて淡々と生活を営む人の素晴らしさ。
地位やお金でなく、神と人に献身的な態度には胸を打たれるものがありました。
人の苦しみと同じレベルにたちながらも救う仏の心の徳をみた思いです。
そのことは、私が文章を書くのが辛くて書けなかったり、今の仕事のスタイルに疑問をもって、
このままでは自分の魂が輝けなくなる、と葛藤していたことが、氷塊して溶けた気持ちになりました。
原点に戻ることを教えてくれたのです

もう一つは、私に海のビジョンをみせてくれたことです。
海をこの方の女神で一瞬にしてわかった気にさえなったのですから、このAさんは本当に先祖が連れてきてくれたとしか思えないほどありがたかったです。
海の神と共存してきた漁師や海人たちの生活や心、そんな感性を理解するきっかけを与えてくれました。

というのも、ちょうど私は今年に入ってから、海に注目していました。

花や木という自然に注目して活動してきた私ですが(一応、パワースポットも古代の巨木信仰やアニミズムにつながる聖地、および古代の神道というイメージが前提です)、今まであまり海に目をむけたことがありませんでした。

この数年は韓流ドラマをよく見ていて、韓流ドラマの時代劇にはよく倭国がでてくるんですね。
その影響もあったのか、ヒントをたくさんもらい、日本海については、ずいぶん興味をもちはじめていました。
おととしに行った韓国の済州島や金海が気になっていたこともありました。


そして今年に入ってシンクロも多く、来週は、壱岐に行く機会にも恵まれました。
その打ち合わせのために、訪れる予定の神社をネットで見ていると、
某神社の写真にわぁ!と震えを感じたのです。

翌日、壱岐に連れて行ってくださる某女史と会い、壱岐の世界に包まれながら、
鑑定にきたAさんと会い、この女神を見て、海に眠る自然の神の全容をみた気がしたのです。

そして、その数日前にある霊能者の方に、漁師の本を読めと私の先祖が言っているといわれ、言われた通り素直に、アマゾンでその日発売の関連する本を買ってみましたが、何度読もうとしても心に入らず、
その日の鑑定が終わった後にもう一度手にして読んでみました。
すると、水がしみいるように言葉が入ってきて、この本にまたヒントをたくさんもらうことになりました。
その本は、本当によい本です。
漁師の方の生活をイラストつきで紹介しているのですが、感性がすばらしいのです!
「いのちをつなぐ海のものがたり」(矢田勝美)

いのちをつなぐ海のものがたり

矢田勝美 / ラトルズ


私にすすめてくれたことに感謝するシンクロでした。(ていうか、すごい!!)

海がきてるな、島がきてるな、と(前からきてたじゃん!といわれそうだけど、、、佐渡ヶ島とか、島特集のムックも、済州島も、鹿島灘は!って。あれ?)

でも、漁師ら生活者の視点を通して、海や島の神の視方が一段深入りできたなっと思ったとたん、
自分の仕事を面白く、また感じることができるようになって、魂に水を注がれた体験だったように思います。

もちろん、山も大事、草木も花もですが。

大衆の生活に密着した、私たちの命に関わる自然神について、もっとよく目を見開いて、新しい気持ちで仕事に取り組みたい。
そうして、私の魂がやる気満々で、またがんばれるパワーをもらい、雛願いまでには次なる目標が見えたのでした。



今は、また本に取り組んでいます。新たな気持ちで勇気がわいてきているところです。

(ずっと、続きますように。)

来週は初の壱岐島!行きたかった月読神社を参拝できる。自分としては、すご~い縁を感じます。

海と島と神の展開も楽しみです!


今週の土曜日は朝日カルチャーセンター立川校で「多摩のパワースポット」15時半~です。
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=148415&userflg=0

by akatsukireika | 2012-03-06 06:53 | スピリチュアル