スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(338)
(204)
(167)
(145)
(37)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新の記事

新メニューの追加
at 2017-09-04 01:46
慈悲と愛のパワー「玉前神社」
at 2017-08-30 23:15
明後日は朝日カルチャーセンタ..
at 2017-08-24 11:32
オンラインサロン・リニューア..
at 2017-07-26 02:52
筑波山に登拝
at 2017-07-20 17:31

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

ラッキーフラワー見つけた☆

d0082655_141912.jpg
今日、みつけた街路樹の花です。

連載中の占いコーナーで7月のラッキーフラワーとして紹介した花なのですぐに目に留まり携帯で撮影してみました。

「アメリカ芙蓉」ですが、花が咲くまでこの花の木だとは気がつきませんでした。

ビルが立ち並ぶ脇の歩道上で、ひっそりとベローチェの入り口の前で何気なく存在している木です。
花が咲くといきなりの存在感でちょっとびっくりしました。

都会に住んでいると、自然あふれる山や海に住みたいと憧れてしまうものですが、都会に住んでいるからこそ、ちょっとした自然をみつけることができます。

私はビルは土、壁は石、(アスファルトは苦手ですが、)というように、ちょっと体裁が変わってるけど、都会も自然と思うようにしています。

都会の中でスピリチュアル&大地派でいるために、酸素不足は仕方ないにしろ、材料は自然発と思うだけで随分意識が変わります。

それに、よく見ると、東京は自然だらけですしね。
私のエリアは皇居隣なので、森の横に住んでいるようなものです。
おかげで随分ひっそりとした地域ではありますが。


「アメリカ芙蓉」ちゃんもこの暑い中、いつまで咲いているか楽しみです。
# by akatsukireika | 2006-08-20 01:02 |

夏は優雅に舞を☆

暑い。本格的に夏という感じ。

8月のお盆過ぎは残暑だから本格的とはいわないはずだけど、今日は目があけられないほどの眩しさで、サングラスが実用的に必要なぐらいの日差しです。

「夏」という漢字ですが、結構おもしろい象形です。

この「夏」の上部は実は頭で、仮面をかぶった姿を表します。それでもって下部が足。
儀式の時に仮面をかぶり、舞いの足取りで霊媒になり、神を降ろします。
中国の「夏」国が神を信じ、そういう習慣があったので、「夏」という文字が国の名です

同じような意味ですが、夏祭りの時に舞う人を表すともいわれています。夏の暑い時期に祭りをし、冠などをつけて雅びにふるまう姿を表して夏という字になったという説。

多分、神がかりで舞ってる姿が、継承して、神と共ににぎわう夏祭りに受け継がれ、いつでも神に護られながら
繁栄を願うという意味の漢字になったのでしょう。

d0082655_19561913.jpg


暑いからといって、だらだらしててはいけないのですね。雅に振舞わないと、、、。
夏の字に申し訳ありません。

夏は火や南の意を表し、最も勢いのある様を表しますが、中国人が自国の中華を中夏ともいったりするようです。
繁栄という意味もあるのでしょうね。

国が豊かで安定しているからこそ、庶民が喜びを舞で表す、ということかしら。

とすれば、これはとても縁起のいい漢字です。

西夏の国の人は自国の文字で夏を(無いの下に死という漢字で)「死な無い」という字を使っていたそうですが、これも不老長寿を表す縁起のいい字です。

夏真っ只中ですが、豊かさの象徴だと思って、優雅な気分でいたいですね。
# by akatsukireika | 2006-08-18 19:51 | 象徴

靖国神社参拝

今日は8月15日。終戦記念日。
小泉首相のまねをしたわけではないけれど、去年に引き続き靖国神社に参拝に行ってまいりました。
去年は1時間待ちだったけど今年はどうかな?
d0082655_19114678.jpg


今年は階段上には上れず階下で参拝。
端の方だと結構すいていたため、すいすいで10分ほどでお参りできちゃいました。あらら。。

いろいろ物議がたいへんな靖国神社ですが、今日はいつもの雰囲気とは違って、とっても人のパワーを感じました。
そう、寺で感じるような、本当に供養の心が伝わってくるような力。
靖国神社の力に負けないぐらいの人の慰霊の念が神前に生まれています。
神社なのにお花の供花するのですね。靖国だから、納得します。

靖国が本来の戦死者を弔うだけの純粋なところだったら、もっと平和な雰囲気が漂うのかもしれないな、と素直に感じてしまいます。神社のままだと、どうしても戦争中の国家神道と結びついて、いかめしくなってしまう。そういう雰囲気の現実はかわりません。

私の祖父もここに祀られています。でも、個人的にここにいるという実感はもったことはなく、ただ、威圧的な力に吸い込まれて、まだ、戦争中のような感覚にとらわれかねないここの圧力に、少し戸惑いを感じていました。

今日の靖国はいつもと違って、平和を願う心が存在していました。
本来の靖国の姿なのかな、と思ったら、「もう十分だ」という声がきこえたような気がして。
「もう十分祀ってもらった」、と。
60年たって、もう靖国を開放してもよいのかもしれない。
今日だけかもしれないが、そんなような感覚にとらわれました。
何だか、意外だったせいか不思議な気分でした。

平和のために、この戦争をきっと活かそう。そんな御魂の意思を受けて、
戦争を知らない私たちの世代が、少しずつ平和の布石を積み上げればきっと叶う。
そう信じられる今日の靖国参拝でした。
# by akatsukireika | 2006-08-15 19:16 | 神社

お盆の日

お盆の季節ですね。

東京は靖国神社の御魂祭りのように新暦の7月15日がお盆のようですが、全国的には新暦の8月15日がお盆というか夏休みとして定着してそうです。

お盆は地方によって諸説があるし、日もいろいろですね。
しかし、新暦は明治以降ですからもともとは旧暦で考えるほうが普通です。

そもそもお盆とは本当はいつなんでしょうか。
中国では正月の真逆の盂蘭盆ということで、旧1月1日の半年後の満月旧7月15日のようです。
亡くなった人の供養をする儀式の日で仏事のようです。
今年だと旧暦の7月15日は閏月があるので、新暦の8月8日と9月7日。
また、立春の2月4日の逆の日の立秋と考えると8月8日と考えられます。

日本だと真夏の暑いさかりの時で秋には遠いようにも感じます。お盆には霊が良く出るともいわれていますが、そうでしょうか。

仮説ですが、もっと前の可能性はないでしょうか。
仏教が盆を大事にし、祖先を敬ってきた事実やお盆には先祖霊が現れるなどの霊が注目されていることを考えると、梅雨の時期であったとも考えられそうです。梅雨は今年だと6月初旬から7月20日頃でした。そうすると、旧暦では旧5月中旬から旧6月末までの間となります。

旧6月末は神道でいう大祓いです。また、旧正月からちょうど半年後でもあります。無理はありますが、ありえなくもないと推測します。

新暦だとやはり7月15日あたりということになります。
日本の気候的に、また霊的には東京の盆がぴったしです。
梅雨明けとお盆の霊の供養ってちょっと結び付けたくなる感じで、、、。
霊は湿気や水を好むのです。ですから、雨ばかり降っている梅雨の時期はずっと留まれるので可能性は高いですよね。

先週の土曜日の雷は「火」の要素として、歓迎すべきパワーでしたが、逆に「水」の要素は光を消す作用がある要注意パワーです。
そして「水」は「霊」と引き合うので、湿気のあるところや水のたまったところで日が射さないところには霊、いわゆるお化けなんかが出現するわけです。

靖国神社の御魂祭りは7月13日から15日ですが、季節的にはお盆の効用にピッタリの時期に開催されてるのですね。よく考えるとスゴイことです。(一番霊がいやすい時期に靖国神社はお祭りをしている)

先祖霊はお盆といわず供養する心は大事ですが、お盆の効力としては現状の8月15日だから、ということはなさそうですね。
ただ、曾祖父ぐらいまでの近い親族は親戚が集まってくるのでやってくる可能性は大です。

お盆とは霊を含めた親戚の集まり、で昔を語り合い、供養するということで、「人」中心が現代のお盆のようです。
親戚の集まりも、もうなくなっていきつつあるとは思いますが。

帰省されない方も1年に一度、必ず先祖に感謝する日として、供養するお盆をおススメします。
# by akatsukireika | 2006-08-14 20:31 |

雷とパワースポット

昨日の14時半頃でしょうか。スゴイ雷でした~。

いつもの如く半蔵門でお仕事をしていたのですが、目の前の吹き抜けのガラス越しに、絵に描いたような稲妻型の雷が光って落ちています。

皇居のど真ん中だろうなぁ、と眺めながら、今日の東京湾花火大会は中止かしらぁと脳裏をよぎります。

山の手線は雷が落ちて止まってしまったらしい。
最後のお客さんがこないので、キャンセルだったっけ、、?と勝手に推測して帰路へ。
途中で会って電車のせいだと知り、勝手にキャンセルだと思った私もすごいなぁ、と反省しながら、トンボ返りでホテルに。

雨が降ると打ち水状態になるので、とっても涼しくなりますね。
日中は外に出るだけで疲れてしまうほど暑い昨今なので、雨は救いの雨。

雷も東京の大地にとっては救いの雷です。

ただでさえ気のよい皇居に雷がおちてもパワーを溜め込んだだけなのかもしれないけど、その他の場所で、災難だったところ以外は、結構よい効果が期待されます。

「火」のエネルギーが一瞬のうちに大地に注がれるので、当然パワースポットになるのです。
最近の言葉だとマイナスイオン効果ですよね。いやしろ地ともいうでしょうか。

山の木に雷が落ちると、木は炭化し、マイナスイオン効果もバツグンです。
昔の人は、山の頂上に、深く木を何層にも埋め込み、雷が落ちたときに地の深いところまで炭になるようにして、山のパワーを保ったともいわれています。

庭の木に雷が落ちてしまった方も、よっぽど大事な木でなかったのなら喜んでください。
その家は一瞬にして、運気が上がったのですから。

8月は天から恵みをいただく月だといわれていますが、(参照:http://www.akatsukireika.net/column.html)雷もそのうちの一つなのかもしれません。

雷の落ちた数だけパワースポットが増えたと思えば、花火は残念でしたけど、東京にとってはよい現象だったといえるでしょう。
# by akatsukireika | 2006-08-13 01:30 | パワースポット