スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

お知らせ
日誌
占い
開運術
パワースポット
神社
スピリチュアル
霊視鑑定


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟
ショッピング

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(335)
(203)
(163)
(144)
(37)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新のコメント

東京では、水道水は飲めな..
by 岡田 at 20:45
見られました!ありがとう..
by よえこ at 12:00
このサイトで見れませんか..
by akatsukireika at 06:21
数日前より神秘のタロット..
by よえこ at 23:08
やっぱり、暁先生のブログ..
by 岡田 at 20:10

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のトラックバック

■死の恐怖から完全解放し..
from 無知の知
茶のしずくは激安&良い石鹸
from 茶のしずくが激安
腰回しダイエットの効果とコツ
from そふとえくれあ
霧島神宮と日本神話
from [の] のまのしわざ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

NmeroTOKYOに今年の天文現象について掲載

4月26日発売のNumeroTOKYO57に今年の天文現象について掲載されています。

今年は金環日蝕、日面経過、金星触、木星触と日本では不思議な天文現象のオンパレードの年。

そんな自然の異変は、スピリチュアル的にいっても凶現象。

だからこそ、今年を乗り切るにはどうしたらいいのか。

そんな、これからの今年の過ごし方を考察してみました。

d0082655_23432238.jpg

by akatsukireika | 2012-04-30 23:43 | お知らせ

日テレZIPで紹介されました!

昨日(4月27日2012)は日テレの朝の番組ZIPのベストセラーshowで、なんと
「幸せを呼び込むパワースポット」が紹介されました!

その模様を、アイフォンで撮ると早い?と思ってテレビを映してみました003.gif

5分間ばっちり手相つきで説明してくれています~!!



幸せを呼び込むパワースポット

暁 玲華 / 集英社

全国のパワースポット99か所を紹介!

スコア:


by akatsukireika | 2012-04-28 07:16 | パワースポット

雑誌「Chakra」に五節句の迎え方を監修

4月16日発売の雑誌「Chakra」
特集「五節句の迎え方教えます」
連載「得々開運マナー講座」を監修しました。
d0082655_15114242.jpg

by akatsukireika | 2012-04-18 15:12 | お知らせ

パワースポット壱岐を巡る⑤勝利を守護する聖母宮

<勝負運アップ!聖母宮>

三韓出兵の際、神宮皇后がこの地で勝利を祝ったといわれている宮。

その時に周辺の地名も「勝本(かつもと)」に改められました。
敵の首を鎮めた地の上に築かれているそうで、
勝利を意識した歴史の長~い場所です。

神社は、約AD200年の神功皇后の出兵の際の宝殿の造立、
また717年の造営など、歴史が古く、
凛とした誇りと緊張感ある気が流れ、
由緒の古さを肌で感じることができます。

何事も向上心をもって、高く飛躍することを望む人には、
勝利を意識できるパワースポットです。

また、子供たちをしっかりと育て、
出世するような人材に育てたい親には、
良妻賢母の力を授けてくれるでしょう。


場所は勝本の漁港の近くにあり、
辰の島の遊覧船の船着き場と同じエリアの、島の西北部にあります。

神社の境内の外には、神功皇后の足跡とその神馬の足跡が残るといわれる
馬蹄石(竜石)があります。
皇后の足跡が西に向くと敵国降伏を守護し、
皇后の竜馬の両足が東に向くと、国家擁護すると社前に残っているそう。
d0082655_15482663.jpg


境内だったであろう場所には私道がはしってしまっているので、
本殿周りだけが、境内らしく残っているのですが、
境内正面の写真です。
表門は加藤清正が寄進しています。
d0082655_15494283.jpg


私がとっても気にいったのは、この手水。
社の造営委員長だった方が、戦前に寄付した品で、、
パラオ島産の大シャコ貝を使っています。
同じ対のシャコ貝をポナペ大神宮にも寄付したようです。

海の力を感じさせる、この大きな貝の手水は初めてみる代物。
生気があふれていて、見るだけでも価値がある、この神社のパワーアイテムです。
d0082655_15511915.jpg


本殿は宝殿を囲む建築の二重構造をしており、
外側の社殿は
d0082655_15515369.jpg


内側が宝殿。
d0082655_15524112.jpg


壱岐は天子屋根命の16代子孫の忍見命から続く子孫が、
壱岐中氏といわれ、この島を牛耳ってきました。

その関係で、この重要な宮である聖母宮の神主家もその子孫の方のようです。

元々、香椎宮とも言われたこの神社は、全国の香椎宮の元宮といっていいでしょう。
そんな、歴史をかいまみるような重要な地に訪れることができて、
感動の体験でした。

堅実に成功したい、社会で出世したいと思う人。
また、子供の才能を伸ばして向上心をもってもらいたい人には、
運気もあがるパワースポットです。


聖母宮HP
http://www4.ocn.ne.jp/~syomogu/
by akatsukireika | 2012-04-13 15:55 | パワースポット

パワースポット壱岐を巡る④男岳山と月に祈る信仰の神社

<仕事運アップ!男岳山>

さて、女岳山から見上げることができた、向かいの男岳山と男岳神社。
祭神は猿田彦命。
かなり特徴のある神社です。

ここでは、向上心が起きて、力強いイメージがして、やる気が起きてきます。
そんな仕事運アップパワー。

入り口から独特ではありますが。
猿が出迎えます。
日光の他で、あまり見たことはないけど、、。
見ざる聞かざる言わざる像。
d0082655_650711.jpg

参道は昼間はとても気持ちよく登れます。さりげない椿が印象的でした。
d0082655_6521839.jpg

途中の稲荷神社。
大きな磐座がすでにこの時点であるなんて。
ココはあいさつして、参道にもどります。
d0082655_653577.jpg

男岳山の頂上は、本殿があります。
d0082655_6554121.jpg

御神体の磐座は本殿の奥に。独特の形ですね。
d0082655_6562167.jpg

ここでは、猿の石像がいっぱい。
こんなにですよ~~!!
d0082655_6571100.jpg

もともとは牛の像を納めていたそうですが、途中で猿に変わったのだそうです。
d0082655_6575894.jpg


頂上から見る景色が素晴らしいです。東の海も西の方も、見えてしまいます。地平線も見えますね~。
東からパノラマでつなげてみてくださいね~。
d0082655_725095.jpg
d0082655_7318.jpg
d0082655_731470.jpg


本当に眺めのよい場所で、ご神体あり、捧げ物も多く、他の神社よりも昔は格上だったんじゃないかと想像できます。
特に、眺めのよさは、海の状況が予想できるので、実用的に重要な場所だったんじゃないかと思われました。
展望台のようです。

頂上のこの場所は、満月の時に願い事をすると叶いそうなほど月を近くに感じられる場所。
地球を丸く見渡せるような地平線からも、希望がもてるパワースポットになっています。



さて、壱岐は月信仰でも有名です。
壱岐にある月読神社を京都の松尾大社の摂社に分社し、
初めて神社を中央に広めたということで、神道発祥の地ともいわれています。

現在の月読神社以外に、もともと月読神社だったんじゃないかといわれる候補地があり、
この男岳神社はそのひとつです。

私は全国の神社めぐりをしているときに、陰にかくれた月読神社に何度か出会いましたが、
隠された月読神社は、どこも途中で稲荷を祀り、小高い丘や山の上で、海が見える場所にあることが共通していました。

その点、壱岐にある月読神社や箱崎八幡宮は海が見えません。
なので、きっと里宮の役割の神社のような気がします。

そういう点を考慮して、私的に月にふさわしい神社の元宮は、この男岳神社なのかなぁと思っています。
(ほかにも行ってない神社はたくさんあるので、あくまで予想ですが)

夜になると月に一番近いのは、高い山の上。
また、地平線上に海が見えるので、昼でも月明かりでも、よく見える高台は海人達には大事な要所です。
月読神社はそんな山の上が月らしい立地ですよね。


それ以外にも、元の月読神社?と考えた理由があります。
牛の像を奉納していたというのは、昔から壱岐牛が名産だから?とも思いましたが、、、
かぐや姫が牛車で月に帰ることを想像すると、ここに牛がいるのも納得します。
月と牛、似合いますよねー。


また、現在はすご~い数の猿像が奉納されていますが。
松尾大社に祀る神は大山クイの神で、同じ祭神を祀る日吉大社、日枝神社の眷属が猿なのは有名です。
分社した後の時代から猿に変わってきたのでしょうか。
祭神が猿田彦命だからというのが理由のようです。
これは、大山クイの神と猿田彦命がとっても、密接な関係があるということなのかもしれません。

また、思い当たるのは、赤坂の日枝神社の摂社に猿田彦命と天鈿女命を祀っていること。
赤坂の猿田彦神社には、すごいパワーが宿っていることは、東京のパワースポットとして、今まで何度となく紹介してきました。

松尾神社の摂社となった月読神社は、赤坂日枝神社の猿田彦神社と相対しています。
月読と猿田彦をつなぐ、ヒントのようです。


さて、今年の4月8日は花祭りでありイースター。
この日はゲルマンの春の祭りとキリストの復活祭が習合していますが。
春を迎えて喜びを月に祈るのがイースターの原型です。
月は満ち欠けをするので、復活の象徴なんですね。

このことから、ピラミッドのような女岳山と月信仰を思わせる男岳山は復活の儀式のペアのようにも見えてしまいます!




さて、男岳山の謎はこれぐらいにして。。。

次は、その神道発祥の地といわれている現在の月読神社です。
祭神がもともと天月神命で、今は、月読命、月夜見命、月弓命、の三神が祀られています。
ここも、かなりのインパクトですよ~。

夜の雰囲気が漂っているので、明るい場所ではありません。
神道を信仰する者のパワースポットといえばよいのでしょうか。
一般人でも心のことで迷われている方は、魔から守られ、直感がよくなるので、よいかもしれません。
占い師や霊能者さんにはおすすめ神社です。
伊勢の外宮にある月夜見神社に近いパワーといってもよいでしょう。
d0082655_7283637.jpg
d0082655_729754.jpg

神功皇后がお腹に石を巻きつけて、朝鮮出兵したことは記紀にありますが。
その時の石は、この月読神社にあるといわれてきました。
が、実際はこの神社にはないそうです。

そんな、神秘的な神社ですが、神主さんは明るくてとっても面白い方。
お話してきました~!!
d0082655_7534914.jpg




もう1か所。天月神命が祀られている神社。箱崎八幡宮です。
ここは、他にも高見産霊命など、たくさんの神様が祀られていますが、
元の月読神社だったのではないかといわれている神社です。
d0082655_7321270.jpg

気はすっきりとしていて、さわやかです。
月読神社のような、怖さに似た感覚はありません。


月は役割が多く、役割別に名前が違ってついているくらいです。
月読は月の満ち欠けによる暦の役割。
月夜見は夜の月が魔からまもってくれ、明かりをともしてくれるような役割。
月弓は三日月の形状のことをいいます。いろいろ暗示をしている意味があるので、ちょっと難しい役割です。
ですから、見ることができないような、陰っぽい役割が漂ってますね。

ですから、月にまつわる神社がいろいろあってもおかしくないですし、
月の役割の数の三社あってよいはずだとも思います。

対馬が天照大神を祀っていることに対して、月を祀っているといわれる壱岐。
なので、月の神社は大事な神社ということになるようです。
by akatsukireika | 2012-04-08 07:55 | パワースポット

パワースポット壱岐を巡る③巨石!巣食石 in女岳山

<浄化・愛情運アップ 女岳山の巣食石>

さて、壱岐の本土ナンバー1のパワースポットは、不思議な巨石、巣食石と一帯。
巣食石は女岳神社の御神体になります。

正面に男岳山があるので、対の女岳山、ということですが、その中腹の巨石、巣食石周辺は、
とっても心が晴れやかになるパワースポット。

伊勢の伊雑宮の気と似てる?と思われる、天照坐大神のまつられる神社とよく似た気が漂っています。
頂上の女岳神社は天鈿女命が御祭神なので、祭神は違うんですが、似た気を感じてしまうんですね~。

さて、そんな女岳山の様子です。
女岳山中腹に着くと、こんな看板が。
d0082655_12475436.jpg

こちらに向かって歩いていけるように、舗装されているので、車を降りて向かいます。

巨石に向かって歩いていく小道なのですが。
もうこの辺で、異常?な気を感じるわけです。
気持ちよすぎるーーーー!
風がやわらかく暖かく流れているように感じるこの道は、
ただものじゃないパワーの前兆なんですよね。
d0082655_12501056.jpg

空の暖かさに心を開放して、ぽかぽかと優しさに包まれている感覚に陥ります。
だんだん近づいてきました。
なんか、巨石は神々しい!!
正面の山が男岳山。向かって坐っているように見えますね~。
d0082655_12542294.jpg

近くで見ると、木や草でおおわれてます。だから巣食石なのか~。
ちょっと、スフィンクスぽいんですよね~。
d0082655_12551278.jpg

こんなに大きいんです。
d0082655_12561770.jpg

正面写真です~。
d0082655_12581461.jpg

逆向きから見ると、草が冠に見えて、なんだか、イエスキリストのようにも見えてしまいます。
d0082655_12584529.jpg


アイフォンで巨石の周囲を撮影してみました。
オレンジの服の方が、壱岐市の職員の池上さん。
神社や遺跡の知識に詳しくて、壱岐市の素晴らしいパンフレットを作成した方です。
元JTBという肩書が、去年一年パンフレットでお世話になった会社ですから、
親近感を感じてしまいました。




巣食石前の二人。離れたくない石なんです。ここ。気持ちよすぎて!!
d0082655_132521.jpg



頂上には女岳神社があります。祭神は天鈿女命。車で登っていく距離です。
お祭りの時は、壱岐中の神主さんたちが集まって壱岐神楽の神事をします。
d0082655_1322645.jpg




男岳山から見た、女岳山。真ん中の中腹のあたりが巨石の場所。
わかりますか~?
d0082655_1392283.jpg


女岳山のご神体巣食石は、浄化、愛情運アップのパワースポット。
心と魂をぽかぽかに暖かくしてくれることによって、浄化するとともに、
異性に優しくなれるような、また、家庭を優しく包む晴れやかな気を感じさせてくれて、
愛情運全般に効果があると感じてきました。
女性には一押しパワースポットです!


さて、次は、正面にある男岳山を紹介します。
by akatsukireika | 2012-04-03 13:22 | パワースポット

パワースポット壱岐を巡る②なんといっても辰の島!

<浄化運アップ!>辰の島

勝本の港から遊覧船に乗って、無人島辰の島を廻ってきました。
天気は快晴でいうことなし!の状況。期待以上にすっごく青かったーーー!!

まずは、かっこいい船長さん066.gifの案内で、クルージング。
d0082655_11343190.jpg

岸を離れ、はじめについたのが、辰の島ビーチ。
船から降りてここでしばらく休憩。
d0082655_11374468.jpg

夏になると海水浴場になるビーチです。
d0082655_11404545.jpg

ビーチまで歩きながら海を眺めると、本当にきれい~
d0082655_1139728.jpg

水は底がはっきりと見えるほど、透き通っていますー!
d0082655_11425142.jpg

思わず、水に触って写真を撮ろうとする私。
d0082655_11432290.jpg

気持ち良すぎて、二人はハイテンション!
d0082655_11435359.jpg

エメラルドの海--!!!
この時点で、すでに、嫌なことなどすべてふっとび、心身ともに完全浄化な気分。
穢れはこの地まで、一緒についてこれないはず!!的に、、キラキラオーラに変身できたのでした。

ここからまた船に乗り、今度は無人島を一周です。
狼に形が似ているオオカミ岩
d0082655_11495738.jpg

その先は、海の宮殿といわれる岩が続きます。
d0082655_11505195.jpg

d0082655_11513869.jpg

小さな無人島が広がるマンモス岩。
d0082655_11525615.jpg

引き返して、反対側は、古代エジプトか砂漠の風景か、というような、絶壁の岩群が続きますが、
韓国映画を見ているようです~。

蛇が谷と呼ばれる岩の割れ目。
実際は何十メートルも高く、見上げるほどで、インディージョーンズの世界のようです。
d0082655_11553285.jpg

ピラミッドみたい~。一般人が入れない奥の宮があるそうです。
d0082655_1157182.jpg

大屏風とよばれる絶壁です。もう、この間、海の風にふかれっぱなしで。浄化浄化060.gif
d0082655_11572857.jpg

若宮神社と呼ばれる神社が見えました。
d0082655_1158019.jpg

辰の島ビーチは穏やかに感じて、エメラルドグリーンが、
もうただきれい~なのですが、
こちらの絶壁地区は波も荒く、心身に懲りずにある穢れを揺さぶって
おいだしてくれるように、
強い海の風に、気がひきしまるのです。
d0082655_12134263.jpg

蛇ヶ谷の近くの羽奈毛崎と呼ばれる絶壁には、羽奈毛観音がいらっしゃって。
船から見えそうで見えない観音様。

心が美しい人にしか見えないんだそうです。
この島で浄化していたら、心が美しくなってくるのも想像できるほど、
本当に、日本とは思えないほど、青くて美しい海なのです。
玄界灘の宝石箱といわれているそうです。

期待していた以上に素晴らしかった辰の島。
ここは文句なしの壱岐ナンバーワンのパワースポットでしょう!!!




<辰の島遊覧船>
■辰の島遊覧運行期間
3月20日~10月30日   午前9時から 定期便。
上記以外は予約で運行
http://www.kankai.net/jf-k/page/boat1.htm
by akatsukireika | 2012-04-02 12:17 | パワースポット

パワースポット壱岐を巡る①小坂文乃さん

2012年3月13日と14日にかけて、壱岐市と小坂文乃さんの御厚意で、長崎県壱岐市を訪れてきました。

その時に訪れたパワースポットと神社、遺跡の数々を何度かにわたって、このブログでご紹介します。

今回は、そもそもなぜ壱岐なのか、というきっかけになった、小坂さんの御紹介です。

FBで友達つながりだった小坂さん。
なんと、私の著書を読んでくれているほどの大のパワースポット好きな方。

曽祖父様の梅屋庄吉氏は孫文のスポンサーとして活躍された方で、
小坂さんの著書「革命をプロデュースした日本人」(講談社)に紹介されています。

革命をプロデュースした日本人

小坂 文乃 / 講談社



去年は孫文100周年だったこともあり、上海万博など、広くご活躍されたようです。
孫文の奥様は宋慶齢さんといって、「宋家の三姉妹」という映画にもなった方ですが、

宋家の三姉妹 [DVD]

ポニーキャニオン



年がかなり離れていたので、結婚には難しい問題が多々あったそうです。
そこで、仲人といいますか、二人を結婚させた立役者が、
なんと梅屋庄吉氏の奥様である梅屋トクさんであり、壱岐市出身の方なのです。

その梅屋トク展が壱岐市立一支国博物館 3階多目的交流室で開催中です。
梅屋トク像設置記念 特別開催 梅屋トク展(2012年3月15日~5月6日)
http://www.iki-haku.jp/news2-2/news2.cgi?mode=view&no=134
d0082655_443042.jpg
d0082655_4592535.jpg

     梅屋トク像は1階にあります。一緒に写っている方が小坂文乃さん。

そんな小坂さんから、曾祖母様の生誕地である壱岐市はとてもすばらしく、
パワースポットの島であるというお話をきき、打ち合わせたのが、小坂さんの実家である日比谷の松本楼。
d0082655_4462968.jpg

日比谷公園の松本楼には一昨年テレビの撮影で2回ほどお邪魔しました。
もちろん、そこには首賭け銀杏があるからです!
d0082655_4474380.jpg


実は松本楼は父系の実家で、梅屋トクさんは母系の家系。孫文に関係する両家のサラブレッドとして生まれたのが小坂文乃さん(姉妹)なんですね~。すごいな~。

そんな感動もありながら、壱岐市のパンフレットもまたすばらしく、壱岐にはすごいパワースポットがあるらしい、とワクワクして新境地を開きに行ってきました~!
d0082655_4511618.jpg



ということで、二人で巡った(正確には市の職員の池上さんも一緒(笑))壱岐のパワースポットをこれからご紹介します。(壱岐は椿がいっぱい。笑顔の二人です~)
d0082655_459178.jpg

              
by akatsukireika | 2012-04-02 05:02 | パワースポット