スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(335)
(203)
(164)
(144)
(37)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新のコメント

東京では、水道水は飲めな..
by 岡田 at 20:45
見られました!ありがとう..
by よえこ at 12:00
このサイトで見れませんか..
by akatsukireika at 06:21
数日前より神秘のタロット..
by よえこ at 23:08
やっぱり、暁先生のブログ..
by 岡田 at 20:10

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のトラックバック

■死の恐怖から完全解放し..
from 無知の知
茶のしずくは激安&良い石鹸
from 茶のしずくが激安
腰回しダイエットの効果とコツ
from そふとえくれあ
霧島神宮と日本神話
from [の] のまのしわざ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

取材記事です

ネット記事です。パワースポットの取材です。
COBSトレンドサプリ
http://cobs.jp/jijinews/trend/2009/09/post_306.html
by akatsukireika | 2009-09-30 21:54 | お知らせ

シティリビングのツアーについて

来月の10月30日(金)にイベントがあります。
シティ読者貸切特別宿泊プラン「幸せを呼ぶ!芦ノ湖スピリチュアルステイ」

箱根ホテル1泊2食付きで、一人12000円。先着50組100名限定。先着順のイベントです。

金曜日の夜は、数分にはなりますが、私の霊視による開運アドバイスが無料でうけれます。
夕食後には湖畔で花火も。

翌日の土曜日は希望者と一緒に箱根神社に参拝します。

読者限定プランなので、詳しくはシティリビング9月18日号、または25日号をご覧になるか、

シティリビング横浜にお問い合わせ、または
こちらにお問い合わせください。
(確認後、後日、書きこみます)
箱根ホテル
0460-83-6311

人数に限りがあるので、お早目の申込をおねがいします。
by akatsukireika | 2009-09-29 23:41 | お知らせ

命を輝かせるパワースポットの力

パワースポット、そして神社を廻ることについて、ずいぶん雑誌などでそのパワーについて紹介してきたつもりですが、その真意は旅行ガイドをすることではもちろんありません。

スピリチュアリストとして、生きることを大事にする神道を敬うものとしての立場で紹介しています。

神道が、生きていること、寿命を生き切るまでの時間を大切にしているため、清められた神社には生きている人を応援するパワーがあることは、先のブログでも書きました。

私の活動のコンセプトは「光華明彩」=ひかりうるわしい、ということですが、万物の魂と命がひかりうるわしく輝くことを目的にしています。人の魂が輝くこと=命を精一杯生きて、天から授かった命を社会で活かす(人の輝き)、をはじめ、人の想念の状態がよいことで、地球自身も輝き(地の輝き)、結果、神が喜ぶ(天)=「天地人」という一連の思想の中で、できることをしているといった感じです。

パワースポットの紹介は、人の各々の感情を回復し、人生の中で起こる意志や目標を叶えるために、力をいただけ応援してくれる光のスポットとしての視点で、命が輝くと運気があがるという意味で、運気別でも紹介することが多いです。

結果的に御神徳が御利益につながるので、仏教的思想だと邪道に感じるかもしれませんが、生きることを応援する宗教が神道なので、どんどん仕事をして成果をだすことが望まれ、命も光輝いていくことができるのだと思います。もちろん、仏教的な寺にも同じ作用のパワースポットはあるし、本来の心を静め、迷いをなくす作用、先祖供養、感謝想起、は輝く以前に大事なことなので、必要不可欠の場所ではあります。

ただ、命の輝きを発する場所、(著書「女神と鳳凰にまもられて」の中では希望を製造するそ装置という言い方を神社にしました)としてはやはり、神社の役割なので、多く紹介しています。

著書の「女神と鳳凰にまもられて」で、そのことが十分に説明できればよかったのですが、表現になれてないので、シリアスすぎたり、話がそれたり、いいたいことが書けなかったりして、なかなか伝わってないようにも思います。

携帯サイトは「パワースポット花オーラ」というサイトを開いていますが、これも、人と大地に焦点をあてて、輝きのことを理解してほしくてつくっているのですが、感じてくれている方はいるでしょうか。

今日は、そんな私の想いをもっとストレートに表現しないと、伝えることは難しいのかもしれない、と思うようなことがあったので、いつもの解説ではありますが、パワースポットと輝きについてよりストレートに書いてみました。

女神本で、思っている表現ができなかったこともあって、ずっと考えてはきたのですが、考えても答えがでないので、これから主になる想いを削ることがないように積極的に伝わる表現できたらいいなとは思っています。

そんなことを考えている今日このごろですが、近著の「幸せを呼び込むパワースポット」が重版が決まりました。私の感じた輝きのポイントが普通の言葉で書かれているので、見落とさず拾って、神社と同調するのに役立てていただければと思っています。

幸せを呼び込むパワースポット

暁 玲華 / 集英社

全国のパワースポット99か所を紹介!

スコア:


by akatsukireika | 2009-09-26 16:56 | スピリチュアル

厄年について~マイスピ

マイスピのコラム「幸せを呼び込む祈りと知恵」をアップしました。

今回は「厄年は神様から役目をいただこう」です。
http://www.myspiritual.jp/2009/09/post-563.html
by akatsukireika | 2009-09-25 21:23 | お知らせ

彼岸花

お彼岸は皇居の堀に彼岸花が。

東京で彼岸花なんだぁ、、、とちょっと感動。

赤いのでまるで火の玉っていうか、魂が依っているように見えるんですね。

お彼岸ぽいです。
d0082655_13444983.jpg

by akatsukireika | 2009-09-24 13:44 | パワースポット

ゲストは平野貞夫元参議院議員

月曜日は「高野孟のラジオ万華鏡」の収録でした。
36回をむかえ、3年間続いてましたが、Peopleとしては最後になり、来月からは別番組としてスタートすることになりました。

思えば、コモンズのブロガーに参加することになったのが2006年5月。司会役の女性のアシスタントをブロガーからということで始めたわけですが、ずっと素人の域をこえないまま3年がたったという感じです。
うまくなる努力をするべきだと思っている間に、あっというまに年月がたってしまいました。

10月からは朝の7時半になって再スタートになります。

さて、今回の収録は、一部に日進レンタカーの社長の富田さん。
ハイブリッド車の大量導入や廃車引き取りのキャンペーンをされているお話。

二部は平野貞夫元参議院議員。
d0082655_1195554.jpg

小沢一郎さんと仲がよいので、最近、「わが友・小沢一郎」という本をだされました。

わが友・小沢一郎

平野 貞夫 / 幻冬舎


本に書き忘れたことがあり、一つは、鳩山さんは今までいつでも正しい判断をしてこられていて、一番は武村さんとは以前に組まない決断をしたいたこと。組んでいたら、今の民主党はありえない。このことをもっと、注目するべきだ。二つ目に、自民党は権力の作り方をまちがって不条理だったことと、権力の行使の上で、不公平なことをしたこと、特に西松献金問題では怖ささえうかがえた。三つ目は、308議席の危機。これは、内部から崩壊することに気をつけること。鳩山、小沢の二重構造はないし、マスコミに壊されないように。などの内容でした。

今までの民主党の歴史を考えてみると、わかることがたくさんあるということを教えてくれました。

放送は9月27日(日)5時~6時 全国31局ネットでお送りします。
by akatsukireika | 2009-09-17 01:21 | ピープル

運気アップになぜ神社か

パワースポットに行って運気をあげよう!というと、私は神社を多くあげてきました。
パワースポットとよばれるところは、聖地が多く、何も神社ばかりではないのですが、運気をあげるならやはり神社です。

これは、パワースポットの特質である、大地からの気が抜けているポイントであること以外に、宗教性といえると思います。

世界に存在する多くのパワースポットは、古来から聖なる土地と認識されたために聖地として存在してきたところが多いと思います。そのため、現地の住人の崇め方や宗教性、聖なるものへの考え方の思想も一緒になって、その地にエネルギーとして定着していることが多いです。

日本の神道は、生きている人に焦点を当て、才能を最大限にいかして寿命をいききることを目指す思想といってもよく、成功や活躍、幸運を期待しての祈りであり思想であると思ってよいと思います。

特に、皇室系の大きな神社には顕著に開運につながる傾向がみられ、出雲系には他人と調和して協力して何かをつくりあげていく力が秘められているように思います。

日本にはほかに寺がありますが、寺は生きている人というよりは、死者や先祖に焦点があたっていて、先祖に感謝し、成仏していただこう、心を静かにおちつかせようという祈りのパワーなので、個人の開運という点では、間接的に先祖供養による開運ということになり、必要ですが、遠くの寺にたくさん参拝するという性質のものではないことがわかります。先祖の関係の寺が一番だと思うので。

同じ意味で、氏神は神仏習合の名残も受け、先祖に感謝するという意味合い、また産土神社は住んでいる土地に感謝するという意味合いから、感謝と供養、奉仕の性質が強いので、神社の中では寺的な意味も強くあるところかと思います。ですから、特別なパワースポットというわけではありません。

世界には、たくさんのパワースポットがありますが、実は、神道のように生きている人の開運を願う宗教はまれだと思います。ですから、日本の神社は開運に効果のあるパワースポットといえるのです。

海外の聖地にいかれる方は、現地の宗教をよく学んでいかれるほうが、安心です。特に、原住民系の宗教は呪術との関連も高いので、気をつけたほうがよいといえます。

少なくても、入山するとき、参拝するときは、現地の礼にのっとり行う、ということや、むやみにお祭りに参加しないことです。

Aさんはパワースポットが好きで世界の聖地をまわっているような方でした。しかし、あるときを境に仕事が全くはいらなくなってしまいました。その原因をさぐるべく、私が霊障を調べたことがありました。
さまざまな原因が考えられましたが、一番は足に蛇が何匹か住み着いているような霊視をしたのを覚えています。ひざ下のところに、入りこんでいるのです。そこで、Aさんにズボンをあげてもらって、足をみせていただくと、真っ黒にやけどの跡のようなものがありました。どういう傷痕か伺うと、南アメリカのとある聖地にいった帰りに、発熱と、骨まで見えるほどの傷ができ、かえってから仕事がどんどんなくなることになってしまったのとのこと。
よくよく聞くと、その聖地では偶然お祭りをしており、歓迎されて、洞窟の中を探索してきたとのことでした。私が霊視したことには、Aさんは、お祭りの生贄となってたぶん洞窟に入ることになったのではと思いました。

注意深く、その民族の習性を知っていれば参加はしなかったのでしょうが、好奇心が勝ったのでしょう。結局、人生を棒に降るような運気を招いてしまいました。これは、開運の逆ですから、聖地がすべてよくなるということではないことがわかります。

他にも、イスラム教の寺院など、あまり日本人に親しみのない宗教施設などにいかれるときに、知らないのに、むやみに批判的になってはいけません。相手を尊重し敬う意志もなく、境内に入ると、運がさがることになってしまいます。必ず、その民族が崇める存在であることを理解し、自分がまだ理解しないまでも謙虚な気持ちで見学させていただくことをお許しください、という気持ちのほうが、無難です。

宗教施設はわかりやすいので気をつけられますが、聖地はみかけは自然ですが、原始宗教が宿っている場合がありますから、くれぐれも気をつけたほうがよいです。特に海外の聖地巡礼は、謙虚に、現地の神を尊重する心構えでむかわれると、逆に様々な古代思想を学べるチャンスになるでしょう。
by akatsukireika | 2009-09-14 16:04 | 開運術

鹿児島神宮の不思議

今日は古代史が趣味の友人と話してて、話題になったので鹿児島神宮での体験を紹介。

鹿児島神宮は霧島神宮参拝などと一緒に、鹿児島に行った際には必ず立ち寄る神社。

ここでは、いろいろな不思議なイメージをビジョンとしてですが、みてきました。

著書では、エンターテイメントに最適とか書いているのですが、それは、この神社に行ったときに霊視でみえる内容からきています。

たくさんのまるで竜宮城のように、姫神たちがあらわれるのをみましたが、楽しそうなビジョンで、宝塚の舞台のように、華やか。豊玉姫様かと思う女神は首にたくさんの真珠。そして真珠の光に囲まれて、少し太めの豊かな優しそうな方が、華やかに現れるをみました。ここでは、本殿前に水がめが置かれているのも、竜宮風で特徴的です。

また、鳳凰が卵を温めているかのようなビジョンをみたのもこの神社です。

あるとき、といっても今から7年ほど前の2002年ですが、ピンクのドレスの女神があらわれるをみました。その女神は頭に孔雀の羽根のようなものをつけて、たくさんのネックレス。インドの祭りの衣装のように派手で、強いイメージの方でした。私はまさかこの方が卑弥呼?か、はたまた神宮皇后??(の御霊?)かと感じたように覚えています。私のイメージでは、その方は、フェニキア風の船にのって鹿児島にきたようで、王家の姫という風情でした。そしてその方が本殿にあらわれたとき、メッセージをいただきました。

「これからあなたを竹内宿ねと大和たける命がたすけます」と。(恥ずかしいけど、そのまま書きますが)

具体的なメッセージをうれしく思って、そういう神様の霊性の方とこれから出会えるのかな、という気持ちだったかと思います。そうして、本殿を離れ、脇にある摂社をおとずれてもっとびっくり。

何と、その摂社には竹内宿ね命と大和たける命が祭られていたのです。

要は、この神社の力として、両者のおちからをお貸ししましょうという意味だったんですね。てっきり、よほどの意味があるのかと一瞬思いましたが、この神社の御神徳の一つだったということがわかりました。

そして、竹内すくねと大和たける命が深いつながりがあることや、いろいろなことが、イメージできた参拝でした。鹿児島神宮には、いろいろな力が秘められているようです。

神社の奥には、神武天皇の出産の地ともいわれる石躯神社もあります。


今日は、古代エジプトの話やシュメール、古代ヘブライとかが好きな友人だったので、話はもっぱら紀元前。古事記を超えて、もう世界中にはなしが及んでいました。時間を心配してしまう話題なので避けがちですが、やっぱりオーバー。鹿児島神宮でみた姫の話も、船に乗ってきたところと海神族がつながり、脱エジプトみたいな話になるわけですが、衣装からしてどうみてもシュメールなんだけど、、、とかいいながら矛盾で時間なんておいつきません。

話も広がり神功皇后のお話だけでも、おわらないわけで、それをヒエログリフでは、、、なんてもう、、、途中でギブアップして帰ってきました。

古代史は入ると抜けられなくなりますが。神社でみてきたビジョンは新情報でもあるので、いろいろな説との整合性をはかるために、時々ビジョンとの符合を試したりしています。

過去の霊や想いを感じるということは、大変なエネルギーが残っているわけで、うやむやにはできず、未来を切り開くヒントを得られるのかもしれない、とは思っています。最近、気になることは、血が濃くなるかのように、霊的にも先祖への蘇りのようなことが起きているかもしれないと思ったこと。過去がまるで未来のようなベクトルで、集約しているように感じます。広がりすぎた遺伝子が、同種のものを探してまるで、元の形を探しているかのように、男女の縁も逆行の縁を感じてしまうことも。

鹿児島神宮はそんな、時代を超えた時空を感じるところでもあります。神々の世界が主であるような時空感。

鹿児島に行かれた際は是非、行ってみられると不思議パワーを体験できる神社だと思います。
by akatsukireika | 2009-09-09 19:53 | 神社

皇居の見学

月曜日は皇居の見学に。あらかじめ申し込んで、行ってきました。

宮内庁とか宮殿の見学コースです。おすすめパワースポットにするかどうかの下見。

多人数の団体さんと同じ日で、ちょっと案内係の声が聞こえないままスタート。

皇宮警察の庁舎になる予定の建物を通り、
d0082655_17424129.jpg

富士見櫓。
d0082655_1743666.jpg

そして、宮内庁。
d0082655_17481043.jpg

で、宮殿につきます。

正月などに一般参賀で、陛下が手を振っていただける東庭と長和殿。
d0082655_17432284.jpg

こちらの国賓用の玄関は、もうすぐ内閣が決まったら写真を撮る予定の金色の絨毯の玄関です。
d0082655_17432949.jpg

この長和殿を過ぎると二重橋。眼鏡橋ではない、本当の二重橋らしく、ここから伏見櫓がみえます。(右端が二重橋の街灯)
d0082655_17442695.jpg

引き返して、ぐるっとまわり、乾門と北はね橋門の間にある蓮池。お盆前が見ごろのようです。
d0082655_17433942.jpg

石垣は震度5でも感じないほどの威力らしく、つくった藩の家紋がきざまれています。
d0082655_17435540.jpg


パワースポットとしては良いコースですが、その日は同行した団体のマナーが悪すぎて、強制的に引き返させられていました。「観光じゃないんですよ!」と怒られていたので、こちらに伺うときは、敬意をはらい、宮内庁の方のいうことをしっかりまもれる心構えで行かれたほうがよさそうです。

とてもじゃないけど、団体をひきつれては来れない場所だと実感し、一番悪い例(この10年で一番ひどいと宮内庁の人が言ってたから)を見れて、学習でき、よかったです。

パワースポットとしては、気を感じる余裕はなく、がんばって歩かなければいけないので、やはり、見学に向いているけど、パワースポット目的だとどうなんだろうという感じ。庁舎をみたい人と、浄化して気を引き締めたい人にはおすすめ。

約1時間かかるので、涼しくなったらもっとよいかとは思います。

申込みは簡単。

宮内庁のHPで申し込みます。
http://sankan.kunaicho.go.jp/
by akatsukireika | 2009-09-08 17:48 | パワースポット

今月の鹿島神宮

土、日、月と3日間、パワースポット続きに。

日曜日は鹿島神宮に参拝に。

9月1日、2日は大祭なので、その後の数日は、御神気が最高によい感じがします。

鹿島の神様のビジョンは、金の刀で祓ってもらえたイメージがあり、他にも、金のパワーアイテムをくれてパワーアップさせていただくようなビジョン。

同行者にもパワーアップできる力を与えてくれているビジョンを見ました。すべて金色のパワーやアイテム?、というのは、去年の稲穂のときもそうだったけど、何年か前までは金ばかりじゃなかったような。

日本の社会のことでは、今年はこれからもいろいろたいへんなことがあるらしい。豊作とはいかないということなのか、金の稲穂ビジョンもまだ見えなかった。

社会も渾沌としているので、個人の力が試されるようなこともありそうです。

個人が積極的に動くことはとても大事な時期のようなメッセージをいただきました。

写真はかなめ石の界隈。
d0082655_171523100.jpg

息子は鹿にえさやりに行くのが唯一の楽しみ。4箱ぐらいあげます。
d0082655_17154286.jpg

by akatsukireika | 2009-09-08 17:15 | 神社