スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(335)
(203)
(164)
(144)
(37)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新のコメント

東京では、水道水は飲めな..
by 岡田 at 20:45
見られました!ありがとう..
by よえこ at 12:00
このサイトで見れませんか..
by akatsukireika at 06:21
数日前より神秘のタロット..
by よえこ at 23:08
やっぱり、暁先生のブログ..
by 岡田 at 20:10

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のトラックバック

■死の恐怖から完全解放し..
from 無知の知
茶のしずくは激安&良い石鹸
from 茶のしずくが激安
腰回しダイエットの効果とコツ
from そふとえくれあ
霧島神宮と日本神話
from [の] のまのしわざ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

本年はありがとうございました

今年もあとわずか!

やっと、落ち着いてお正月が迎えられる準備が整いました。

明日のお正月は1年の運気が決まるひな型の日。

心をひきしめてのぞみたいです。

初めてブログというものをはじめた年でもありました。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

来年もよろしくおねがいいたします。
by akatsukireika | 2006-12-31 17:53 | 日誌

ダイエット失敗、、、。

10月から気合を入れたつもりのダイエットですが、ここにきて完全に失敗に終わってしまった感じです。

クリスマスケーキぐらいはいいかな?とおもったのが失敗でした。

ケーキを何個食べたでしょう。

極めつけに、大きなケーキを半分食べてしまって、戻るのはあたりまえでした。

その後はお酒の連続。

2ヶ月前にダイエットするからと宣言してしまった社長にお会いして、全くやせてない私をみて1時間以上の説教をされる始末。何をいってもいいわけと言われ、グスン。

有言実行しないと、ですよね。

私もさすがに落ち込み、何だか元気もでなくなってしまいました。

あと2日でお正月。気をとりなおして、来年こそはやせたいな。
by akatsukireika | 2006-12-29 15:39 | 日誌

今年のラッキー星座☆いて座☆

占いは一通り勉強しているし、私の考え方は象徴で解くので、一般と少し違ってもいたしかたない、と思っているのですが、その中で西洋占星術はあまり得意な方ではありませんでした。

というより、ちょっと雑誌にかくほどは自信がない分野でした。

2004年の花時間で西洋占星術を頼まれたときは、必死に勉強するチャンスを頂きました。今思うと14ページもよくやったな、と思います。

あれ依頼、未だにそんなに大きな仕事はこないです。そんなにたいへんな仕事だということを当時の私は意識していなかったようにも思います。

そのとき、今年のラッキーフラワーというテーマで各星座ごとに書いたのですが、その年はおとめ座が12年に1度のラッキー年でした。もちろん、木星の配置だけでいっているので、細かくみるといろいろあってそんなに単純ではないのだけれど、雑誌のテーマの書き方は大体そういう項目で言い切ります。

そのときに自分に木星がまわってくるのを楽しみに待っていました。私はさそり座なので、去年の10月後半から今年の11月までがラッキー年だったのです。

この年の使い方はラッキーはラッキーなのだけど、何にもしないと、ただ、何もないけど良い年だったと終わりがちなので、とりあえず行動を起こすほうが得なのだと思います。それに、世の中さそり座に木星ということは占い等は流行るので、がんばりどきでもあったわけです。

一応、細木さんの六星占術では大殺界でもあるし、九花宮数でも家族運が悪い年でもあり、あんまり良い年ではないのですが、ここはさそり座パワーだけにのろうとこの年を狙い定めてはきたわけです。年の初めに目標を3つたて、実は全て叶いました。そのうちの一つはananに掲載されたい、とかそういうことなんですが、、、。(実は高校時代の愛読書なので大のanan好き)

試して思うのですが、やはり木星効果はあると思いました。

今(11月23日から)はちょうどいて座に12年に一度の木星が入る年です。というわけで、いて座生まれの人には木星パワーが宿るラッキー年です。いて座は行動力とか好奇心の星ですし、外国や宗教に縁のある年でもあります。今年は全般的に広い視野をもって前進する人に幸運がくるということもいえるかと思います。

しかし、一番ラッキーなのは、いて座のあなたのはず!

意識しないと、逃がしてしまうかもしれない運気なので、木星がついてるさ!と大舟にのったつもりで前向きに行動すると意外とうまくいくかもです。

私は今年から六星占術では大殺界を抜ける良い年。九花宮数は結構最悪なので、この際注意することだけにしたいです。良い占いの効果だけに集中してノルというのはポジティブになるし、いつのまにか悪いといわれた1年も過ぎてしまいそうですよ。

何だか、占い師さんたちに怒られそうなことをいってますが、悪い年は自分の殻を破って抜けて、突破するという面では良い年にもなるので、一概にいえないですものね。

いて座の行動力!で、いて座でなくてもご加護をもらおう!
by akatsukireika | 2006-12-26 13:25 | 占い

日本最古級のディナーセットの復元!

メリークリスマス☆今日はクリスマスですね。
お正月がマジかに迫った緊張感で忘れそうになってしまいますが、それほど1年の運気を決定する正月があと5日。
なのに掃除も仕事も中途半端に残って、時間がゆっくり動いてほしいとさえ思ってしまいます。

そんな師走の暮れの中、先日テレビの番組で卵の殻の薄さの焼き物という特集をみました。
光が透けて見えるほどの薄い陶器なのですが、江戸時代に作り方を発見し、100年ぶりに復活したということで、土も同じものを使って子孫の陶芸家が完成させた名品のようです。たしか、長崎の方の釜元だったのですが、日本の伝統工芸品が昔の技術を取り戻したことに、何だか日本文化が小さなところからも復活している兆候がみえてうれしい限りでした。来年はもっとそのようなことが大きくでてくるのではないかしらと思った矢先、すごい陶磁器を紹介していただきました。

なんと有田焼で有名な九州は佐賀の有田町で明治時代に鹿鳴館や宮中で使われていたディナーセットを復活させたらしいのです。鹿鳴館で使われていたものですから、品質は最高級で、土も普通の白さではなく少し褐色がかった深みのあるもの。当然、特別に泉山産の陶土ということで限定しているらしいのですが、そんな貴重なものを当時と遜色なく復元することに成功したようです。当時(17世紀半ばから18世紀初頭にかけて)は外国製の食器に日本の絵柄をつけ、19世紀末のジャポニズムのきっかけになるような動きを海外におこしたほどの影響力で輸出された代物のひとつでしょう。それが、そのままの形で復元することができたのは、製造元の窯元「有田製窯」の職人の力といって過言ではないでしょう。
d0082655_19115851.jpg

ディナーセットが240万円という値段でちょっと庶民には手がでませんが、これは使うというよりは美術品。海外に日本の技術がまだ衰えていないことを示す宣伝用の食器だと思えば、すばらしい仕事をありがとう、といったといころでしょうか。
d0082655_20223356.jpg

絵柄も当時のまま、和柄の西洋食器。少し違和感がありますが、そこがまた味があってよいのです。もちろん手描きなのですが、これも職人さんが一つ一つ描いているのだからすばらしいですね。

今回復元されたのは「色絵竹文ディナーセット」というもので、全てに竹の文様が描かれています。吉兆柄は、こういう日本的なものにはよく描かれますが、この竹のデザインは日本でも中国でもないような、やはり欧米を意識したモダンな柄。松でも梅でもなく、竹をつかったのは、シンプルに表現できる線の美しさが西洋人の美的感覚とマッチしていたのかもしれません。また、竹が皿のまわりに描かれていますが、竹には破邪効果がありますので、中に盛る料理を邪気から守る意味でも皇室らしいなと感心してしまいました。皇室といえば五三の桐紋を使いますが、その桐は竹林の中に生息しているのです。そして、竹の実を食べる鳳凰が桐の木に留まったとき、天子が誕生するともいわれています。そんなことからも、この竹柄には、皇室を称え、祈るような意味もこめられていたのかもしれません。

そんな皇帝の使う食器柄ですから、現代人が使うとしても、神が自分に降りてきて世界でトップになってみせるというような、高い志のある人しかある意味使えないかもしれないですね。

私的にはおおいに関心をもってこの窯元の試みを応援していきたいと思っています。開運の食器をここで作ってみたいな、とすでにイメージしているほど。

日本文化のブームもまた(19世紀末ぶり?)きそうですね。2008年には流行るだろうというのが私の予想ですが、後1年後、果たしてどうなっているでしょうか。

その口火を切った感のあるこの超高級洋食器の復元。やはり、はじめは九州から始まるのでしょうか。

楽しみです。
by akatsukireika | 2006-12-25 19:12 | 開運術

来年の運気をきめるのは

冬至も過ぎ、一陽来復、真っ暗闇から抜け出て、もういいほうにしかベクトルがむいていないそんな時期。

一日でいえば真夜中の12時をちょっとすぎた頃のイメージです。

クリスマスからお正月、節分を迎えるにつれて春の陽気が益していきます。

大地も浄化をはじめ、新しい生命の息吹の準備を始めます。

このころは、希望や夢を感じさせることが、開運を招きます。

クリスマスツリーやケーキ、紅白のお餅等、またいろいろイベントがあるので、気分は明るく過ごしやすくなってますよね。

お正月になったらネガティブなことは0にしてすごしたいところ。

家族に文句の一つもいうと、1年にさしさわるので要注意で緊張します。

クリスマスが過ぎると、来年の運気が決まるといっても過言でない、正月準備と正月の過ごし方。

そろそろ、緊張感が走ってきました。
by akatsukireika | 2006-12-24 18:58 | 開運術

今年を振り返って

今年もあとわずかになりました。

スピリチュアリストとして活動して8年以上がたちました。

癒しや能力の開発、カウンセリングの技術、神々のこと、現実を忘れてスピリチュアルなことに没頭するほうが多い時間でした。

しかし、すすむにつれていろいろなことがあり、現実との溝を埋めなければいけないし、理想ばかりに向いていてもいけないことや、いろいろな気づきをいただき、私は本来のとても現実的な自分に引き戻され、暁玲華が本名の自分に戻った感じで活動をはじめました。

それがここ3年のことでしょうか。そして仕事を全く方向性を変えたのが今年。

今年はたしかに個よりもマスを対象とした動きで活動してきました。

これには江原さんの影響が多分にあったと思います。

江原さんがテレビの前で鑑定しているとき、怖くないのかな?と思っていました。

神々のことばを紙面で伝えることにさえ抵抗のあったそのころの私は、多分、生きている人の念や霊の災いに負けてしまうことを恐れて、そういう感想をもっていたのだと思います。

しかし、現実の生活でいろいろあって、苦しいことが突き抜けたような気がしたとき、多分伝えたいことを伝えたところで、もうこれ以上辛いことがおこったとしても耐えられると思ったし、どんな生霊にも霊にも、もう負けそうなんて絶対思うもんか、という気持ちになりました。

まだ、全てを幸福や愛という言葉で語れるほど回復しているわけではないのかもしれませんが、私の中で勇気が生まれた年でした。

そして、信じてくれる人を徹底的に突き放すことは勇気がいることではあるのだけれど、少しの甘さが間違ったエネルギーを作ってしまうことを徹底的に排除できるように注意してきました。

愛は神の光の愛であるべきで、人の愛には限界があります。一緒に死んでくれといわれても、してあげることはできません。逆に生きることを支えるために、励ましてあげなければなりません。しかし、精神が病んでいる人のために、何をしても無力であることは一般的にはありがちで、人をたすけることは人には難しいのだと思います。支えることに力をかけたほうがうまくいくことが多いようです。

占いの館で働いていたとき、もう6年前になるのでしょうか、精神病の人を救おうとして、救えなくて逆に仕事場に何度も何度も電話をもらい、会社の人に迷惑をかけ、そのまま辞めたことがあります。あの時は彼女を精神病院にいかさないと思ってがんばりましたが、結局は精神病院に入ってしまい、二度と会うことはできませんでした。それでも、公衆電話から何度も来てほしいと電話が来るので、会いに行ったこともありましたが、身内ではないので会えませんでした。後から親戚の人から電話がきて、あんたが人をだます霊能者かとののしられたときは、疲れてしまったことがありました。どちらかというと、状態が重い人が私のお客さんたちには多かったと思います。逆にとっても前向きな層もいるのですが、極端でした。

今は、精神病の方はお断りしています。長く付き添ってあげることはできないので、責任がとれないことはできないからです。宗教団体はお勧めしてはいませんが、精神病院よりは、通うことで、好転することがあるので、そこまで状況が悪いならばよいのかもしれません。


先日、雑司が谷の鬼子母神堂に行ってきました。涙があふれるほど、慈悲の力があふれています。苦しいことは全てひきとってくれるような愛の念がありました。また、撮影で目白の聖マリア教会にも行ってきました。ここはマリアの光の慈悲の愛がそのままストレートにある感じで、こちらも涙もののところでした。こういうところは、人の苦しい、負の部分を吸い取ってくれるので癒されるし、心の回復にはよい影響があるでしょう。

しかし、一番いいのは人ではないということです。人に頼ると、その人に会えないと、どうすることもできなくなってしまいます。でも、このような場所なら、いつでも待っていてくれるし、結局は自分と向き合えるので、他人の力を借りたことにならず、人を恨むことにもなりません。

私は神道が一番性にあっています。なので、私は前向きな人がもっとよくなるアドバイスが一番好きです。神道の、命や欲を伸ばすような考え方が大好きなのです。苦しんでとまっていられない、未来に希望をもってすすむしかない、それを応援するのが神社です。

そして、私も前をむいて歩き出そうと自分のことを考えました。私にもやりたいことや、伝えたいことがたくさんある。それを楽しんで行動していこうと。

方向を変えると、それはそれでいろいろな壁が襲ってはきます。しかし、何だか乗り越えるのが楽しくなってきました。日本というよりは大和の精神が大好きで、日本の神様たちとの交流を通じて学んだことを伝えたい。そういうことに時間を使っていきたい。多くの人に伝えることは、目の前の一人の人を救う時間と比べることはできないけど、人を救うことはできない、と自分の結論を出したので、迷いなくすすめます。

花占いやパワースポット。直接的ではないけれど、日本の神様たちが大好きな木や花のある大地のことを、私も好きだと表現できるので楽しい仕事です。世界中に存在する木や花の光は、本当に神の光と思うほどのパワーを放っています。太陽や月や星も世界中の共通のパワーです。そのことを真に理解してくれるだけで、政治も宗教観も、世界の意識が変わり始めます。

現実に、今、少しづつ変わり始めてはいます。勇気をもって守護神や前世のことをマスメディアで語った江原さんはのおかげで、霊に対しての感覚さえ開いてきました。また、環境問題が浸透してきて、自然のことが理解されつつあります。もう少しで、政治を変えるレベルで大衆の思想が自然と命の重要さに気づけば戦争はなくなるのです。

いじめが増えている日本の世の中では、逆行しているような感もありますが、私は前にすすんでいると感じています。あるとき、いきなり変化するのでしょう。

来年は自分らしい選択で、仕事をすすめていこうと考えています。私のスピリチュアリスト像は自分でつくれますしね。迷いの多い世の中で、振り切って突き進んだものだけが「飛躍」できる、と香取の大神から、最後の今年のメッセージでした。

飛んで、躍進ですね。
今年の世相を振り返って、こもんずでも「飛」という一字をあてさせていただきました。(ちなみに田原総一郎さんは「迷」のようですが)

来年は「躍進」です!
by akatsukireika | 2006-12-23 23:35 | スピリチュアル

anan花タロットで掲載されました!

d0082655_17243065.jpg
今日発売のanan「最強の恋愛占い」で花タロットを監修しました。

折込で切って使える特性カードはとってもかわいくできています。

花だけのタロットを作れる機会に恵まれてとってもうれしいお仕事でした。

恋愛運オンリーですが必要のない人も是非お試しを。

クリスマス前で、勇気をもらえるはず!
by akatsukireika | 2006-12-21 17:24 | お知らせ

やせてみえる?

今日は会う人会う人に、やせたとか小顔になったといわれ気分が良かった。

体重は変わってないし、リバウンドのように食べてるけど、トルマリンで顔をマッサージすることを試してみると、思いのほか効果がでたみたい。

腕は確実に細くなっているのがわかる。

後はもっと真剣になろう!

このローションは邪気を祓うすぐれものなので、エステというより、体のいらない電気を吸い取って、一度絶縁状態をつくってマイナスイオン化するお払いグッズのようなものだと思う。

お祓いしてほしい調子の悪い人は今度からココに頼もうとか思ってしまうほど。

とりあえずこのローションを小分けしてあげることで、改善してもらうことはありかもしれない。


午後は取材の下見に早稲田に行ってきました。

穴八幡の冬至の恒例の行事は22日なので、その日のために工事中だったけど、ここは道路まで行列ができるらしい。

一陽来復のお札に全国から人が集まる。始まりはお告げからだというから不思議だしおもしろい。

その近くの水稲荷は塚がとてもよかった。もう水は湧いてないけど、名残がすばらしかった。

高田の馬場は地盤がしっかりしてて、実は結構パワースポットはある。

雑誌の取材は神社とか寺なので、ちょっと紹介はできないけど、何気なパワーがでている普通のところがあったりしておもしろい。

目白とか高田の馬場は地震がきても安全な地帯なので、企業の本社があったり、要人の自宅があったりする。

田中角栄とか鹿島建設の元会長宅とか、etc。

実際、本当に地震がきたらどうなのか、とは思うけど。
by akatsukireika | 2006-12-19 23:50 | パワースポット

正月準備

お正月の準備。
その前にクリスマスがありますね。年越えの祭りというか冬至の祭りというか、クリスマスも本来そうだと思うので、ここではリースとクリスマスツリーで邪気を祓います。

リースは、日本でいう玄関などに飾る注連飾りと一緒で、乾燥した枯れた枝でつくるのが基本です。
日本だと、注連縄のようにわらをねじりながらつくるものもありますが、電気を遮断できる素材に枯れた植物は適していて、電気が通るものは霊が通ることができ、電気をはじくものは霊を遮断することができることから、魔よけ効果を発揮します。

クリスマスツリーは葉先がとがった針葉樹というところがポイントです。
日本では松や杉が使われます。

そこに、いろいろな願いごとや飾りをつけるのですが、紅白の餅は、キリスト教でいう空からパンが降ってきたという表現と同じで日本では餅。よいことの兆候です。

餅といえば鏡餅ですが、諸説あり、二段なのか三段なのか。また、一番上には紅い餅をのせるとかのせないとか。

当主は三段にすると出世するといわれているようです。二段は庶民。多分三段目は紅い餅をのせたのでしょう。
餅の上には葉つきの橙(だいだい)。子孫が代々続きますように、という意味。
葉はゆずりは。跡目がすんなりゆずれるように。
干し柿は串にさして、家族の数だけ飾ること。
えびは逃げ道を作ってくれる。
わかめは才能を伸ばす。(若い芽)
昆布は喜びが増える。(よろこんぶ)
丸餅は家族円満。
菱餅は立身出世。(丸餅の下に四角餅とか)

正月の餅にはいろいろ縁起を担ぐ言葉がかけられているので、是非30日までに(29日はさけて=苦もち)飾りたいものです。

また、正月は1年の目標を100かくと願いが叶うともいわれています。
毎年トライするのですが、100やりたいことがなかなかなく、結構難しいです。
by akatsukireika | 2006-12-17 01:00 | 開運術

花市場

今日は朝早く起きて、大田花市場にいってきました。
d0082655_15524933.jpg
せりの風景

d0082655_1552565.jpg
市場内のお店
d0082655_15532032.jpg
市場に並ぶ花
d0082655_1553261.jpg
今売れ筋の門松

東京の花たちはここで買い付けられているのですね。初めて見ることができました。
by akatsukireika | 2006-12-16 15:54 |