スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

お知らせ
日誌
占い
開運術
パワースポット
神社
スピリチュアル
霊視鑑定


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟
ショッピング

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(330)
(202)
(160)
(142)
(36)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新のコメント

東京では、水道水は飲めな..
by 岡田 at 20:45
見られました!ありがとう..
by よえこ at 12:00
このサイトで見れませんか..
by akatsukireika at 06:21
数日前より神秘のタロット..
by よえこ at 23:08
やっぱり、暁先生のブログ..
by 岡田 at 20:10

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のトラックバック

■死の恐怖から完全解放し..
from 無知の知
茶のしずくは激安&良い石鹸
from 茶のしずくが激安
腰回しダイエットの効果とコツ
from そふとえくれあ
霧島神宮と日本神話
from [の] のまのしわざ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

カテゴリ:象徴( 7 )

日本の読み方と11

暁玲華のなづけの日が平成11年11月11日であることから、11という数字は気になる数です。
私の誕生日も11月1日なので、1が多いのですが、私に会いにこられる方が、111など、1が続くことがあることも不思議な現象としてよくあります。

昔、出雲大社に行った帰りに伊勢神宮にむかったときも不思議でした。
11時11分の出雲発の電車にのって、大阪で近鉄に乗り換え、午後4時44分(4分??)だったか大神神社のある桜井を通り過ぎ、午後5時55分に伊勢神宮のある五十鈴川についたときは、さすがに、神しくみのダイヤかと思いましたが。

数がサインとして確認になっているとき、少し、運命に乗っている感じでホッとします。
特に自動車を運転しているときは、この状況が頻繁に起こるので、自動車はコントロールしやすいのかなとも思えます。

さて、11ですが。今年は2009年ということで、数秘術だと2+9=11をひとけたにして2という数に帰算します。
11の年でもある今年なわけで、表と裏の要素が内在する年だといえると思います。

今年は政権交代が実行され、文字通り二つに勢力がわかれました。
政権だけではありません。すべての世界で、大きく分かれた現象がおきたことでしょう。

11は2であり、二面性であり、表裏であり、陰陽でもあります。

これと同じことが、実は私の11にもあるので、私の中にも陰陽があります。神道的には富士神界も白山神界も受け入れているというような。陰陽を受容したいという想いもあります。

そして、同じことが、日本の国にもいえるかもしれません。

私の女神本にも書きましたが、日本(にほん)は文字通り二本あるということで、ふたつの勢力があり、裏が表を支えあう関係で、なりたってきたかと思います。

海幸彦と山幸彦の関係というか。

兄と弟、北朝と南朝、、、、。

今だと、自民党と民主党も表の11らしい二本の例になりますし。競合しているので陰陽ではないですが。
裏はいわゆる癒着している裏社会ともいえるけど。

ということで、日本と11、そして二本は意味深いです。(二は天地とも)

来年は3の年。12が3に帰結します。ひふみですね。
先日の即位20周年も11月12日で、平成は統合のはじまり。

何かが生まれて始まる年。

時間が早く進みだします。

陰陽の2本が集束に向かいだすような気がします。

日本は、陰陽が和合に働いて、大きな3を生み出せればいいですが、どう変わるのでしょう。

日本にとって、大きな変化の年がはじまりそうです。

新生日本だと思って、新しい時代を迎える気持ちで、自分をどう活かせるか改めて考えて行動することが、時代を乗りきるヒントになるんだと思います。
by akatsukireika | 2009-11-21 00:35 | 象徴

月の形

昨日から新月。満月から整理できるものは整理しようとして、逆にごたごたしたような気も。

これからは、新しい月のまわりなので、新しいことがはじまりそうで、元気よくがんばりたいです。

さて、私の生理の周期は結構おもしろいです。出産前は、太陽暦の22日の夜に毎月あって、30~31日周期でした。出産後の最近は旧暦の22日の夜に毎月あって、28日周期になりました。数字的には数え方が変わっても、おなじ数字。22日というか23日というか。

23夜の月待ちが江戸時代にはさかんだったようですが、23夜の月って半月くらいなんですよね。

月と地球と太陽がちょうど90度あたりってことでしょうか。

私は自分で月を描くときも、私の絵をかいてもらうときも、大体三日月がかかれます。

月は丸いのに、きまって三日月。三日月はいろいろな意味があります。「曲」という字の元にもなっていて、男神である月をあらわします。王としての月の意味もあります。

さて、私は、自分の絵の後ろにいつも太陽と月を描きますが、(月だけのときも)きまって月が三日月の理由を他にも考えたとき。

太陽と月が同じ方向にあるとき、月は必ず三日月であることです。太陽の光を受けて月は光るので、満月なら逆方向にあるので、地球に立つ人の後ろに、日と満月はかけません。暁の太陽の光をうけて、光る三日月も同じ方向に描くときです。

私はいつも、月を太陽と一緒に日月としてとらえていたのだと知って、興味深く考えました。満月とは明らかに異なるのが三日月で、私がいつも父親のような月にみまもられていると感じてきたのも、三日月。

同じ月でも、象徴する意味が全く異なるようです。

========お知らせ==============

今週の土曜日(30日)の産経学園の野外実習は天気予報だと雨の可能性があります。

雨のときは朝の10時ごろまでには判断して、産経学園から連絡がいくようにはいたします。
私の携帯は10時半以降でおねがいします。
雨天時は6月6日と交代にして、新宿の産経学園で講義になります。

集合場所を間違えないようによろしくおねがいいたします。
by akatsukireika | 2009-05-25 13:28 | 象徴

私の肩書き

先日のテレビの紹介についての後、肩書きを変えようとおもいたちました。

といっても、わかりにくいのを統一する名称にしようと。

世間の流行にあわせて、いろいろ変えてはいるのですが、何をする人なのかわからない人になっているほうがよくないのかなとは思い。正式にはしっかり決めようと。もちろん、雑誌等にはやはり今までどおりスピリチュアリストを使いますが。やはり、そのまんまストレートに。d0082655_23505374.jpg

「古神道研究家」

これなら、わかりにくくないかなと。

象徴研究もすてがたいのですが、これこそ誰も知らない分野ですし。先日の雑誌でも結局神道語を使ってしまってましたしね。

古神道研究家(スピリチュアリスト/イコノロジスト/コンセプター)

ということで、

スピリチュアルは自然界との共鳴によって目覚める感覚。(→スピリチュアリスト)神のつくった自然には本質が隠されている。(→イコノロジスト)それをひもとき紹介していく。(→コンセプター)

という、人と自然との共生についてや、堅い仕事、わかりにくいときはこの重い肩書きを使うことにしました。


ま、しばらく、今までの肩書きで納得してもらえないときは、古神道の肩書きを使うことにしますが、d0082655_072524.jpg

このコンセプトでおしゃれな肩書きを思いついた方は、ご一報くださいませ。

キャッチフレーズだけはすぐにできました。

         「古神道は樹が命!」
d0082655_23502218.jpg

  ↑香川・金比羅神宮
by akatsukireika | 2007-09-30 21:46 | 象徴

あいうえお体操

世間は夏休みなんですね~☆

近所のマクドナルドが子供であふれかえっているので、何事かと思い、そうかと気づいたのですが。

半蔵門にサラリーマンではなくて子供があふれるというのは、とっても心和む光景です。

私が保育園に通勤する昼前あたりの時間は、結構人がでているので、適当な格好でも歩けないし、ノーメイクで出ようものならOLさんには何もいわれなくても、保育園でしっかり「○○ちゃんのおかあさんは化粧してない!なんで?」といわれるので、最低限は必要です。その子にはGパンをはいていても「Gパン、何で?」といわれますが、それは勘弁してもらっていますが。

英才教育なんてしてないんですが、2歳になってハッピーバースデイをフルコーラスで歌えるようになって、ちょっとすごい!とか思ってしまい親ばかですが、おもしろがっていっぱいやらせてしまいます。聞くと保育園で毎日のようにうたっているらしいので、英語でもすんなりできちゃうんですね、この頃って。

調子にのって最近は「あいうえお」教え込んでます。物の名前は知ってればいえるので、もう言葉の意味が把握できたかと思ったので。教え込むとは、実際にどういうことかといいますと。

「あいうえお」は母音で基本的な言葉です。もちろんこの音列もすごく大事でいろいろあるのですが(あおうえい、あえいおう等)、まずは天然の赤ちゃんには人間らしい「あいうえお」順列を選びました。(人間らしい、とは社会の礼節を重んじるという意味。自然回帰という意味では反対されている音列)

言霊では、全ての音にはエネルギーの象徴が対応します。一音をどのように発するかは将来呪文を使うときの基礎でもあると思い、言霊の力をもつ子に育てようと、あいうえおのエネルギーを体感させるにはどうしたらいいかな?と考えました。

で、私が子供のために作った あいうえお体操。
手振りと感情で

「あー!」 「いー!」 「うっ」  「え!」  「おーー!」
結構楽しく覚えてくれるようになりました。

かきくけこ、、難しいです。どうも子供も笑ってしまいますが、おかげで体操が完成するかもしれません。
by akatsukireika | 2007-07-25 16:05 | 象徴

命名の儀

今日は命名の儀でしたね。

親王様のお名前は、「悠仁」様。お印は「高野槙」。

お名前は意外でしたが、秋篠宮様らしく感じます。

「悠」という字の意味は、テレビでは長く、ずっと、久しく、という意味と解説していました。

手持ちの広漢和辞典には
1.うれえる、いたむ
2.おもう
3.ながい
4.とおい
5.ゆったりしている形容
6.悠々

大体ゆったりというような言葉で代表されるのでしょうか。皇室方の寛容さの表現のようです。

このなかで、1、うれえる、いたむ、という意味も、文字の想いがこめられているようで素晴らしく感じます。

「憂う」は「優しい」のつくりでもありますが、人に対して「憂う」ことができる心が優しさだと、私は理解しています。
ここでは、まず人をはじめ万物に対して優しさのような同情、または、その身になって考えることができる力が宿りますように、という祈りが含まれるでしょうか。

「いたむ」は、他人が傷ついても同じように心が痛む、というような同情の心でやはりこれも「うれう」と似ている優しい心のように思えます。

全てのものを憂え、いたむ心は神の御心で永遠に続く魂的な精神の心境ともいえそうです。

これに「仁」という徳が加わりますから、「悠仁」というお名前は、他人の心を受け止められる、寛容なお心をもつ、人徳者というような意味がこめられているでしょうか。

この先、天皇になる可能性がある悠仁様ですから、一国民からすると、願ってもない平和を愛するお名前でうれしい限りです。

名前だけだと多少優しさに対する弱さというものも同居しそうですが、お誕生日が強さを象徴するような日ですから、バランスがよいのでしょう。

お印は「高野槙」でした。
d0082655_23381453.jpgd0082655_23383515.jpg
この木は松によく似たスギ科のマキで、和歌山原産ですが、比較的全国にあります。
とがった葉は一点集中型の気を発し、松と同様、邪気を祓うのに適しているので、風水的に大きな庭なら植えるのには最適です(30メートルになるので)。門や玄関を飾るのもよいでしょう。

建材によく使われるようですが、家に使うと風水的には開運効果がある種です。

まっすぐ、高くある姿は、お誕生日の強い命式にふさわしく、凛とした勢いを感じる木です。
by akatsukireika | 2006-09-12 23:40 | 象徴

夏は優雅に舞を☆

暑い。本格的に夏という感じ。

8月のお盆過ぎは残暑だから本格的とはいわないはずだけど、今日は目があけられないほどの眩しさで、サングラスが実用的に必要なぐらいの日差しです。

「夏」という漢字ですが、結構おもしろい象形です。

この「夏」の上部は実は頭で、仮面をかぶった姿を表します。それでもって下部が足。
儀式の時に仮面をかぶり、舞いの足取りで霊媒になり、神を降ろします。
中国の「夏」国が神を信じ、そういう習慣があったので、「夏」という文字が国の名です

同じような意味ですが、夏祭りの時に舞う人を表すともいわれています。夏の暑い時期に祭りをし、冠などをつけて雅びにふるまう姿を表して夏という字になったという説。

多分、神がかりで舞ってる姿が、継承して、神と共ににぎわう夏祭りに受け継がれ、いつでも神に護られながら
繁栄を願うという意味の漢字になったのでしょう。

d0082655_19561913.jpg


暑いからといって、だらだらしててはいけないのですね。雅に振舞わないと、、、。
夏の字に申し訳ありません。

夏は火や南の意を表し、最も勢いのある様を表しますが、中国人が自国の中華を中夏ともいったりするようです。
繁栄という意味もあるのでしょうね。

国が豊かで安定しているからこそ、庶民が喜びを舞で表す、ということかしら。

とすれば、これはとても縁起のいい漢字です。

西夏の国の人は自国の文字で夏を(無いの下に死という漢字で)「死な無い」という字を使っていたそうですが、これも不老長寿を表す縁起のいい字です。

夏真っ只中ですが、豊かさの象徴だと思って、優雅な気分でいたいですね。
by akatsukireika | 2006-08-18 19:51 | 象徴

★プロフィール(工事中)

暁玲華<プロフィール>
スピリチュアリスト、象徴研究家。東京生まれ。鹿島建設開発総事業本部勤務の後、神社本庁の神職資格を取得。東京大学大学院新領域創成科学研究科研究職員を経る。
by akatsukireika | 2006-07-28 00:33 | 象徴