スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(338)
(204)
(167)
(145)
(37)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新のコメント

東京では、水道水は飲めな..
by 岡田 at 20:45
見られました!ありがとう..
by よえこ at 12:00
このサイトで見れませんか..
by akatsukireika at 06:21
数日前より神秘のタロット..
by よえこ at 23:08
やっぱり、暁先生のブログ..
by 岡田 at 20:10

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のトラックバック

■死の恐怖から完全解放し..
from 無知の知
茶のしずくは激安&良い石鹸
from 茶のしずくが激安
腰回しダイエットの効果とコツ
from そふとえくれあ
霧島神宮と日本神話
from [の] のまのしわざ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

カルマと守護霊

毎度毎度最近の霊視鑑定では主護神や先祖神などをみる鑑定が多いのですが、具体的な相談でないかぎり、一応みておくと、私の初見の霊視とは違う角度のことがわかって、理解が深まることが多いです。

今日は、いつものように鑑定をしていて、守護霊の存在がわかりやすかったので、自分の霊視を帰っておきかえてしてみて、私のこれからなどまとめていました。

私の言葉は段々特有になってきたので説明すると。

まず、主護神という魂の反映である存在が生まれてから死ぬまで、頭上に誰でもついています。ところが、40前後の人であれば、問題なくすぐにわかるのですが、20代だと、降りてきてもらうのに時間がかかったりして、少し難しく感じます。この主護神は大体33歳から37歳までの間に存在感を示すのですが、若いと本人もまったく自覚がないので、主護神と本人のキャラが離れていることもしばしばあります。しかし、最終的になぜ生まれてきたのか、というテーマを解決するのは、この主護神になります。

次に先祖神の存在です。右肩に仕事などをサポートする先祖神。大体は父親的役割な男性神です。左肩には結婚や金運をサポートする先祖神がいます。大体は母的な女性の存在。

この先祖神は7歳ぐらいから、ずっといますが、まもっている存在で、主護神にバトンタッチするまでの道をつくります。

そして、ほかにも指導霊とかいろいろついている人はいるのですが、主護神の右横で重なっている存在の守護霊とよんでいる存在は少しタイプが違うと思ってきました。前世の自分であると思われますし、どちらかというと、魂が前世で執着し解決できなかった問題をサポートするために映っているとしか思えません。たとえば、戦争で戦略に長け、だけど心残りで亡くなった方の魂の場合は、どうしても戦略的に生きようとするので、それをサポートするために戦略型の守護霊として存在しているという感じです。この人の主護神がもし、戦略とは無縁のたとえばさわやか青年のような心の存在だった場合、この守護霊とはかけはなれているので、本質と異なる生き方をすることになります。この人にとって、どうしても対人で戦略的にものを考えてしまう癖があることになりますが、結局、人生で戦略のプロとして克服するか、そういうものの考え方を昇華してこだわらなくなるようにならなければ、主護神とかさなって生きるということにはならないようです。これは一種のカルマとみたほうがよいと思い、以前に魂のシャドウとかの言い方をしましたが、守護霊がみえなくなったほうがよいということになります。

私の鑑定の絵では主護神と先祖神の間にいる人と思ってください。大体、若いころから主護神に重なって主になってきたので、主護神が存在感をあらわしてくると横にずれてみえてくるようです。
違いがなぜわかるかというと、主護神が神様というファンタジーな存在であることが多いことに対して、守護霊は前世の存在なので、時代系の人であることでみわけています。

たとえば今日の鑑定では守護霊がそろばんをもった勘定系の役人でしたが、これは、お金にまつわる職業を克服することを意味していると思うので、若いうちの修行の業界がわかるし、その業界ではある程度頭角をあらわすことにもなります。主護神はぜんぜん違う存在の場合は、いつかきりかえるということになりますが。

守護霊に着目したので、再度私をみると、まだ守護霊は存在します。39才ですから、そろそろ克服すべきですが、カルマとして守護霊の前世を霊視すると、今の私の問題点が浮き彫りになり、解決策を見出すことができました。これは、生活とは関係ないので、お金が儲かるには、という視点で考えてしまうと非効率な感じがしてしまうのですが、克服しないと主護神=自分の本質の姿がとれないわけですから、いつまでも曲解してはいられない問題になるわけです。

というわけで、私は書くことをしばらくがんばらないといけないようで、もっと早く気がつけばよかったと思って、ちょっと後悔。

あくまで私の経験からの自説ですが、先祖神のたすけで人生の道を定め、守護霊のカルマを克服し、はじめて主護神と一体に生きれるようですね。私は途中で、呪術系に携わってしまったことで、他の神霊に影響されてますから、遠回りしているのですが、一般人の成功の近道というかコツなのかと思います。

得意なことが、実はカルマだったりするということになるので、不思議ですが、人は前世を繰り返しますから、執着しないでどんどん次の興味に向かうことは進化につながるのだと思います。
by akatsukireika | 2009-04-03 01:07 | 霊視鑑定