スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

セレクトショップの商品について
お知らせ
パワースポット
神社
開運術
霊視鑑定
スピリチュアル
占い
日誌


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(338)
(204)
(167)
(145)
(37)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新の記事

新メニューの追加
at 2017-09-04 01:46
慈悲と愛のパワー「玉前神社」
at 2017-08-30 23:15
明後日は朝日カルチャーセンタ..
at 2017-08-24 11:32
オンラインサロン・リニューア..
at 2017-07-26 02:52
筑波山に登拝
at 2017-07-20 17:31

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

美人の結婚運

忙しいはずなのに、3連休中に、テレビで「バブルにGO」を見てからおもしろかったので、本屋でなんとなくその時代ぽかった林真理子さんの「アッコちゃんの時代」など買って読んでしまった。短時間で読破できたしおもしろかった。

ノンフィクションって結構リアルでやっぱりおもしろいのかもしれない。

バブルのおかげで人生踏み外した人はたくさんいると思うけど、今なんとなく一部業界バブルっぽくないかい?同じ失敗する人が少なければいいけど。

アッコちゃんは川添明子さんという元祖小悪魔さんで、不動産王だった早坂太吉さんの元彼女でその後、風吹ジュンさんの夫だった音楽プロデューサーでキャンティのオーナー家族である川添象郎さんと結婚し、という大物食いで有名な人で小説のモデルになっていた。

週刊誌で有名になったみたいだけど、この手の40代前後って、他にもいっぱいいると思う。彼女は象徴的な存在だけど、そういう女性は私の知る限りでもたくさんいるし、お客さんでもいまだに独身系の人で似たような感じの人はいる。

というか、女性の結婚運をたくさん視てきたが、40前の女性の私がいうのも変なのだけど、結婚するなら女性の年齢は絶対気にしたほうがいい。いくらキレイでも。(あたりまえだけど)
前述のアッコちゃんが去年雑誌に出ていたらしので、キレイだとかキレイじゃないとか意見はあると思うけど、多分若い時と今(40歳)では別人のように違うと思うし、顔よりも、この若さだけは写真には現れない光があるので、実物を見たことがある人じゃないとわからないと思う。

キレイな人が結構独身で、それもキャリアウーマンでよくいる。話を聞いていると、若いときにモテテきたので、そのままずっと理想が高い。ついでにプライドも高く、バブルの時代の人かな?とちょっと思ってしまう。一番危ないのは、きれいで、ちょっと天然のいい人で、自分が好きなひとよりも好かれると断りきれなくてつきあってしまうようなタイプは自主性が弱いので、結局損をしている。お金目当ての人は、わかりやすいのでまだ、割り切り感があるのかもしれないけど。

小説のアッコちゃんも多分天然で、育ちがいいのか、自分を護りきれなかった人のように思った。女は男より基本的に弱いので、男を信じてしまうタイプは結局はだまされたようになることもあるから要注意。

恋愛運は20代ならいくらでもあるが、33歳を過ぎると(先祖が結婚運をもってくる最後の年の目安)、チャンスが少なくなることを若い人はわかっていたほうがいいと思う。どんな美女でも22歳のときよりは瑞々しいパワーが減るので、パワーが減ることは否めない。そのため女性は教養を深め、おんなっぷりを磨いていくのだろうけど、結婚相手は20代で決めたほうがいいと思う。ボーっとしてないで、理想を高く追いすぎないで、親が心から喜んでくれる人と結婚するのが一番だと思う。

鑑定上、恋愛と結婚の相談は当然多いわけで、いろいろなパターンをみてきて、東京の賢くキレイな女性に多い落とし穴を分析してきて、明子さんは子供がいるからまた別だけど、そうではなくて、なんとなく楽しく生きてきてしまった人は、彼氏はいるけど、適齢期は過ぎる、という現象がおこりがち。
遊びの対象の彼氏タイプは結婚には不向きなわけで、結婚する気なら、結婚タイプの男性を視野にいれていくという堅実な発想がないと、結婚運があっても結婚できないと思う。

特に40歳過ぎている女性でキャリアウーマン、華やか系職種にこの傾向があるように思う。小説読みながら、仕方ないかもと共感してしまった。

多分30代以下の人にはあたりまえじゃん、とか思うこと書いてるかもしれないんだけど、現実に多く存在するパターンだから、すごい。

自分の相手は誰もがうらやむような人でなければつりあわないと思い、肩書きがなければ絶対相手にしないはずの偽有栖川を選んでしまった坂本晴美(週刊誌上で有名)さんも、多分46歳ぐらいだけど、美人だったから陥った落とし穴だったように思った。そこまで極端じゃなくても、友達や仕事仲間、年下の子、幼馴染で気があい、理解してくれる人が必ずいると思うのでそういう人に目を向けると幸せになれるのかな、と占い以前に、つい思ってしまうのです。
by akatsukireika | 2008-01-14 23:16 | スピリチュアル