スピリチュアリスト暁玲華の日々のコラムと開運術。(アカツキレイカ・あかつきれいか)


by akatsukireika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

暁玲華オフィシャルサイト

暁玲華のパワースポットガイド

暁玲華セレクトショップ

◆鑑定の詳細◆
☆☆申し込み☆☆

<プロフィール>
アースアーティスト
古神道研究家
風水プロデューサー
スピリチュアリスト
(japanese shaman "Miko")

<主な研究と活動>
研究:)
神社及びパワースポット、神道、象徴学、民俗学

活動:)
風水デザイン、風水設計、風水プロデュース、地域プロデュース/霊視鑑定/イベント、祭典/講演、セミナー、執筆、監修、商品企画制作/司会、ラジオパーソナリティ、など。


コンセプト:)
「天地人~天に祈り大地に感謝し、人は輝く」
「光華明彩」。

日本の古来からの精神と
大地のメッセージを伝えること。
一人一人から光の柱がたち
日本が輝き、日本が元気になることを信じて
活動しています。


★ホームページ★
暁玲華のオフィシャルサイト


★FBページ★
いいね!お願いします!
暁玲華FBページ

★個人FB暁玲華★
フォローお願いします!
日々の暁玲華FB

★電子書籍・好評発売中
「改訂版・女神と鳳凰にまもられて」(AkatsukiBooks)

★無料タロット占い★
「暁玲華SpiritualPower」

★マスコミ情報★
2015年の掲載情報
2014年の掲載情報!
2013年の掲載情報
2011年,
2012年の掲載情報!
2010年の掲載情報!
2009年の掲載情報!
2008年の掲載情報!
2006・2007年の掲載情報!


★過去の出演情報★
テレビとラジオの出演情報!~2009


★鑑定の詳細・申し込み★
★問い合わせ先★

カテゴリ

お知らせ
日誌
占い
開運術
パワースポット
神社
スピリチュアル
霊視鑑定


象徴
モテケン
オンザウェイジャーナル
政治
ピープル
高野孟
ショッピング

ブログパーツ

ライフログ


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(下:鳳凰の章)


改訂版・女神と鳳凰にまもられて(上:女神の章)


鎮宅霊符カード(マニュアル・カード72枚付属) ([バラエティ])


魔をしりぞけ、幸せを招く!おはらい88の作法


もっと幸せを呼び込むパワースポット (ホーム社書籍扱い一般書)


幸せを呼び込むパワースポット


パワースポットガイド東京


決定版!スピリチュアルタロット入門―オリジナルタロット22枚つき


あなたの願いが叶うパワースポット


女神と鳳凰にまもられて (Ameba Books)


東京パワースポットガイド―心と身体をリフレッシュ!

タグ

(333)
(203)
(161)
(143)
(37)
(32)
(29)
(25)
(22)
(19)

最新のコメント

東京では、水道水は飲めな..
by 岡田 at 20:45
見られました!ありがとう..
by よえこ at 12:00
このサイトで見れませんか..
by akatsukireika at 06:21
数日前より神秘のタロット..
by よえこ at 23:08
やっぱり、暁先生のブログ..
by 岡田 at 20:10

フォロー中のブログ

梅若能楽学院会館

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のトラックバック

■死の恐怖から完全解放し..
from 無知の知
茶のしずくは激安&良い石鹸
from 茶のしずくが激安
腰回しダイエットの効果とコツ
from そふとえくれあ
霧島神宮と日本神話
from [の] のまのしわざ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スピリチュアル

画像一覧

東霧島神社

先日、行っちゃいけない神社は書けない、、と書いて、で、どこ?とか聞かれたりしていたのですが。

行ってはいけないと思う場所はさすがにかけなくても、おすすめだけど、気をつけた方がいい神社は、書けます!

おすすめ神社として登場しないので、あまり説明したことがない神社を紹介します。

その一つが宮崎県の都城にある東霧島神社。
写真はHPから借りました。↓
http://www.pmiyazaki.com/tumakirishima_j/
http://www.kumaya.jp/atikoti38.html


ここは、東国原知事の故郷でも知られるところ。霧島からがかなり離れている地域ですが、昔、霧島が噴火で近づけなかったときに、霧島神宮のご神体をこの地まで遷したことから、離れているようです。

東がつく神社は、もうひとつ、霧島東神社もありますから、間違わないように。

霧島東神社は行ったほうが良い神社ですから。

そして、この東霧島神社も参拝してもちろんよいのですが、女性は心構えをしっかりしていったほうがよいかもしれません。

というのも、私が感じたことは、この神社はどこよりも男尊女卑が強いかと、、、。

男性的すぎるんです。

境内を入ると、まず陰陽の大きな岩があり、それだけでも、見る価値があります。
d0082655_15424848.jpg

その次に階段下には、鬼の人形が。ここらへんはちょっとチープなのですが、その先に、鬼の登るような階段が続くわけで、わかりやすくていいです。
d0082655_15431496.jpg

その階段は、「鬼岩階段」といって人が登るのには大きすぎる体裁で、おおまたでがんばってのぼる感じ。天狗用ていうか鬼用らしいです。金毘羅さんの登りやすい階段とは大違い。お祭り時にはこの階段の上から丸太をおろして、けが人が出るほどというから、なるほど、という感じです。
d0082655_15433824.jpg

そんな、階段をのぼりきると、最上部にはお宮が。

入ってすぐ右のところにある摂社に前には、髪の長いおじいさん風の神様がみえたことが。たしか長命宮(うろおぼえ)だったか、いざなぎ尊が御祭神なので、健康運によいのかも。ここは確実な御利益を感じます。

そして、その先が本殿なのですが。

私は何回か、一人でも、お客さんともきたことがあるのですが、この中で祝詞を唱えさせていただいたりしたのですが。

まず、女性三人で行ったとき。本殿前で、すでに拒否されている感じがして。それも、女だてらに、、という声が聞こえてくるような、、、。

ここは丁重にいかなければ、とは思いつつ、一緒に行った人は女社長とか、タレントだったりして、男尊女卑??、てな感じで、謙虚にいきましょう、、とは言ったものの、少し動揺。

ここで、あいさつをして帰ればよかったのに、私はいつものごとく中へ入っていき、祝詞を唱えだし、、、、。
d0082655_1544384.jpg

唱えだすと、ここではいつものことなのですが、風が拭いてきて、御簾がばたばたと音をたてて揺れだします。

しかし、このときは、いつもよりも激しく、ちょっと吹き過ぎではないかい?と思ったのですが。バーん!と大きな風でびっくりさせられて。

同行者も、帰ろう?とか言い出す始末。

天狗の存在をまじかに感じられえる神社なので、好きな人にはよいのですが、とってもプライドが高くて、誇り高い天狗様たちらしく、謙虚に謙虚に考えて、いかないと、普通に参拝というのは、無理かな、と感じました。

特に、女性が、国政のことを祈ったり、男的な立場で考えることを嫌うようにかんじました。

女性は、子供を育てて、未来の有志を育てるべく尽力するというような願が適しているのでしょう。
まちがっても、会社を大きくしたいとか女性が願わないほうがいいです。

漢の力とは男性に授けるものだと思ってるからでしょう。

そんなことで、男らしく知事のようにリーダーシップをとっていくことを目標にしている人には良い神社ですが、女性のリーダーは考えたほうがよい神社です。ですから、女性誌ではまちがっても推薦したことはありません。軽い気持ちでいくのを避けたほうがよいと思うからです。

そのときの3人のかえってからの1年はあまりよいものではありませんでした(責任を感じ、挽回のパワースポットへ、)私はとくに、動けない1年になったかもしれません。しかし、わかったことがたくさんあったので、これも経験?と思いますし、女性の人たちはくれぐれも気をつけて参拝に行ってみてください。
by akatsukireika | 2009-09-04 15:45 | 神社